2009年 04月 29日
終焉の輝き
e0130549_15187.jpg誰も自殺するつもりでしたから、毎日毎日が生きてるそらもなく、こんな遊びで堪えていなければならぬように徳川の方は胸が苦しいのでございます。(中略)桜の咲くころには船を花の下にとめたり、そら雪だ月だと隅田川に日夜を明かして帰るといったわけで、外目には正気の沙汰ではないようですが、ほんとうは国を思い家をおもって青くなってしまったのでございました。(名ごりの夢/今泉みね)

幕末に桂川甫周の屋敷は洋学知識人達のサロンであった。その時代にそぐわぬような典雅、奇妙な輝きについては、例えば「ズーフ・ハルマ」を考えてもよい。ズーフ・ハルマはナポレオン戦争の頃長崎に駐在したカピタン・ズーフが端緒をつけ、その後も通詞らが編纂と補訂を続け天保四年(1833)に大成した蘭和の辞書である。

そのズーフ・ハルマは公式に三部、あとは民間の謄写本が密かに流布していたが、それも大阪の緒方洪庵の塾でさえ福沢諭吉ら塾生五十人に一冊の写本があったという稀少本で、この状況を憂い幕府の公許を得て安政五年(1858)に『和蘭字彙』として刊行し、同本の普及に尽力したのが当時33才の桂川甫周であった。

しかし福沢諭吉が横浜で蘭語の通じないことに衝撃を受けて英語の学習を始めたのが安政六年(1859)、蕃書調所頭取の古賀謹堂が英学の必要を幕府に建言したのが万延元年(1860)と、この頃すでに学問の需要は蘭学から英学へと移り変わっており、ここに桂川甫周が早い遊興の余生を送らざるを得ない背景があった。

これを今泉みねは「こんな遊びで堪えていなければ」と云う。だがもう少し酷薄に見るならば「外目には正気の沙汰ではない」桂川サロンの奇妙な輝きの本当の原因は、無用の人となった桂川甫周の寛容が、未来への野心を隠し持った洋学知識人達に攘夷の嵐からの避難場所を与えたことにあったと云うこともできる。

とはいえ時代の終焉に奇妙な輝きがあることも事実で、源平争乱の最中に輝いた後鳥羽院のサロンがそうであったし、大日本帝国の敗亡にもその輝きはあった。それは橋川文三が大東亜戦争末期を回想して「悠久な夏の季節を思わせる日々であった」と云ったその奇妙さが、冒頭の引用文にある奇妙さと似ていることからも判る。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-04-29 15:04 | 文化


<< 一身にして二生を経るが如く      江戸の遊びと明治の遊び >>