2009年 09月 28日
基本的なこと
e0130549_13171376.jpg政治思想と国家について基本的なことを書く。ただし以下のことは極端に単純化してあるために正確さを欠いており、またすべての事柄に当てはまるわけでもない。また私の選好は英米思想の側にある。そのことは予めことわっておく。

政党を分ける基本中の基本は、その掲げる理念がイギリスのコモン・ローからアメリカ建国へと連なる英米式であるか、フランス革命から共産党ソヴィエトへと連なる大陸式であるかの違いにある。

英米式は人間を歴史的存在と見る(国民の権利)そのため一世代の投票を絶対視しない(法の支配・墓石にも投票権を・保守主義)また人間の知性を信頼しないために歴史の生成物であるマーケットを重視し(自由主義)政府による富の再分配を拒否する(小さな政府)。

大陸式は人間を人格的存在と見る(人権)そのため一世代の投票を絶対視する(人の支配・人民の望むことは正しい・啓蒙主義)また人間の知性を信頼するために人間の構築物である計画経済を重視し(設計主義)政府による富の再分配を奨励する(大きな政府)。

我国では小泉純一郎・竹中平蔵から河野太郎へのラインが英米式で、民主党左派から社民党・共産党が大陸式である。民主党右派と自民党主流は双方を折衷している。

これらは確かに西洋流の考え方だが、結局のところ近代国家が西洋人の発明である以上、私たち日本人もこうした考え方によって政党を判断しなければ明確な色分けができず、ひいては二大政党制も実現しない。

一方で、言語や文化による共同体と近代国家とはイコールではない。近代国家は共同体を乗り越えて出現してきたもので、共同体は戦前においても社稷と呼ばれ国家と峻別されてきた。例えば農本主義者である権藤成卿は次のように述べている。

「自然の風俗が出来、其の風俗が一歩を進めて社稷を成し、其社稷が国の基礎となり、漸(すす)んで制度組織の必要が起」こる。つまり「天化自然の社稷を土台として、その国が建設されたものである。そこで国家の政体組織は幾回変化しても、社稷は決して動かぬ」(権藤成卿/『自治民範』)

国家は社稷集団が統治と自己防衛の必要からとる人為的・相対的・便宜的な組織であり機構である。したがって私たちが政体を選択する場合でも、現実的な判断から採用し、あるいは捨てなければならない。ある意味、冷淡にこれを眺めなければならない。

『老人たちの顔』L・ダ・ヴィンチ 1490年ごろ 人間個々の性格の違いと、その奥に潜む本性が巧みに捉えられている。政治思想の違いとは、結局のところ「人間とは何か」という問いへの答えの違いである。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-09-28 13:25 | 憲法・政治哲学


<< 高尚な趣味      猫可愛がり >>