2010年 04月 21日
野田俊彦『所謂日本趣味を難ず』より
e0130549_104917.jpg私は今、C.ビアードの公共建築に日本式を採用すべしとの提言に対して、当時内務省の技師であった野田俊彦の反論が、大正十三年九月に総合雑誌『太陽』誌上に『ビアード博士に一言す』と題して表明されたことを内田祥士著『東照宮の近代』によって教えられている。

内田氏の引用によれば、野田の反論は「吾々には迷惑千万な事だ」「今日の吾々は、西洋人の真似をして西洋風を着ているのではない」といった内容で、内田氏はこれを「書かなければ、怒りが収まらないといった文面である」と評していて興味深い。

本来であればこの『太陽』を手に取り、野田の反論をまとまった文章で読んでみたいのだが入手することができなかった。そこで野田が近代建築への日本的な意匠や形態の適用を批判した『所謂日本趣味を難ず』(『建築雑誌』大正六年十二月発行)を読んでみたい。

ここで野田は、構造と材料の自然な適用を目指すべき近代建築に日本趣味を適用する行為は「虚偽」であって「幼稚なる国粋保存主義」である論じている。そして日本の近代建築に伝統的な国民性を表現する企ては無意味であるとして、その理由を次のように述べる。

我々の國民性は現代に於ける我々の特性である。前時代の我國民の特性が我々の國民性を形造る上に於ける一大因子であることは論を待たないけれ共、それは明かに我々の國民性とは別物である。『日本趣味』の内に、建築の上に見られる我國民の特性の表れを求め得るには違いない。けれ共其の特性たるや維新前に於ける我國民の特性である。現代に於ける我々の國民性ではないのである。(野田俊彦/『所謂日本趣味を難ず』)

当時列強各国に追いつこうと懸命に近代化を推し進めていた日本人にとって、殊に野田俊彦のようなエリート官僚にとっては、近代化の象徴であるべき近代建築に伝統様式を採用することなど、それこそ退歩以外の何物でもなかったであろうことは想像に難くない。

だがそれよりも野田の脳裏を占める「現代に於ける我々の特性」という感覚は、私自身胸の奥を探って思い当たる。それは現在から過去を位置付けても、過去から現在を規定されることは御免蒙るという態度である。そのとき過去はせいぜい現在のための訓話でしかない。

いわば「いま」への信仰である。それは明治維新以後に徳川体制を蔑み、敗戦後は大日本帝国体制を蔑むことで、常に「いま」を正当化してきた私たちの歴史と深く関わっている。二度まで棄教を強いられた私たちの苦悶が生んだ宿痾である。

東京歌舞伎座 関東大震災の翌年、大正十三年に竣工。鉄骨と鉄筋コンクリートを使った建築物だが、その外観は大胆に伝統様式を取入れている。設計者は東京帝国大学建築学科を明治三十九年に卒業した岡田信一郎。岡田は昭和九年には日比谷交差点近くのお濠端にある明治生命館も手がけているが、そちらはルネサンス様式である。なお現在の歌舞伎座は今年、平成二十二年五月からの建替え工事が予定されている。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2010-04-21 10:17 | 文化


<< 福永恭助の『日米戦未来記』      洋臭畸形の街 >>