2010年 06月 30日
軽井沢
e0130549_11504140.jpg明治十九年七月のある日、旧中山道の宿場町。二人の外国人がようやく着いたというように腰を伸ばし青い空を見上げている。一人はカナダ人の宣教師アレクサンダー・クロフト・ショー。もう一人は帝国大学教授で英国人のジェームズ・メイン・ディクソン。

二人はアーネスト・サトウの旅行案内に紹介された美しい自然を求め、さらには東京の暑さを逃れて、この地に旅装を解いた。旅籠の前では荷馬が桶の中の冷たい水を呑んでいる。自由民権運動もようやく鎮まったかに思えた、静かな夏であった。

こうして保養地としての軽井沢の歴史は始まる。多くの外国人を始め、日本の華族や政財界人が別荘を建て、コミュニティーが作られ、独特な風土文化が育まれ、この地に一夏を過ごすという矜持が暗黙の約束となって人々に洗練をもたらしてゆく。

新渡戸稲造がロッキング・チェアに揺られ、尾崎行雄が乗馬を愉しみ、徳川家の令嬢が高原のピクニックに興じ、少年の日のエドウィン・ライシャワーが草原に佇んでいる。「愉しみを人に求めず、自然に求めよ」それが彼らの合い言葉となった。

だが大衆と民主主義がそれを許しておくことはない。かつてホセ・オルテガ・イ・ガセットは「充満」について、遊園地が大衆であふれているのは、それがもともと彼らための施設ではないために、彼らを収容できないからだと言ったが、今の軽井沢では本当のことだ。

「我々の目はいたる所に彼ら群衆の姿を見出すのだ。いたる所にだろうか? いや、いや、そうではない。他でもなく、人間文化の比較的洗練された所産として、以前は少数者の集団のために、正確に言えば、すぐれた少数者のためにとっておかれた場所に見出すのである」(ホセ・オルテガ・イ・ガセット/『大衆の反逆』)

そんなことを考えながら、ふと窓の外を見ると緑がまぶしい。森の小さなレストランに一人でいる。それにしても初めて訪れた軽井沢で私は何をしたら良いのだろう。主人に尋ねると「散歩です」と言う。なるほど「愉しみを人に求めず、自然に求めよ」か…。

室生犀星旧宅附近の小径。そもそも矜持のないところに個人はなく、個人のない自由は混乱に等しい。そのような社会においては暗黙の約束など無いに等しい。自由が暗黙の約束を条件とした不干渉の秩序だとすれば、そうした暗黙の約束を生み出す矜持こそ、自由な社会の出発点ではないだろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2010-06-30 12:01 | 文化


<< 小瀬温泉      福永恭助『新帝都のスタイル』に思う >>