2010年 11月 25日
十一月二十五日
e0130549_1157449.jpg昭和四十五年十一月二十五日午後零時十分。演説を終えた三島由起夫はバルコニーから総監室に戻ると、手足を縛られたままの益田総監に向かって「恨みはありません。自衛隊を天皇陛下にお返しするためです」と言う。

制服のボタンをはずしながら「仕方がなかったんだ」そう呟くと、三島は上半身を裸になり、縛られている総監から約三メートルの床の上にバルコニーの方を向いて正座し、短刀を持つ。森田必勝が左後に立ち、長刀を大上段に振りかぶる。

ズボンを下げて腹を出す。そして、オーッともワーッとも聞える大声を発し、短刀を臍の左下に突き立て、そのまま右へ真一文字に引き回す。森田が刀を振り下ろす。刃は三島の右肩を深く斬り込み、血しぶきが飛ぶ。

「森田さん、もう一太刀!」見ている古賀が叱咤する。森田は再び振りかぶって斬る。今度は命中するも、首は落ちない。「浩ちゃん、代ってくれ」森田のその言葉に、古賀はすぐさま刀を受け取り、三島の首を斬り落とす。

次に森田が血の海となった床に正座する。古賀が左後ろに立つ。「やめなさい!」総監が叫ぶ。森田が鎧通しを腹に突き立てる。「まだまだ」と言いながら右へ引き回すと「よし!」の声に古賀が大上段から打ち下ろす。一刀両断。森田の首は床に転がり血が噴き上がる。

残された盾の会の三人が、益田総監の手足の紐を解き、三島と森田の胴体を仰向けに直して制服をかけ、二つの首を並べて床に立てる。「私にも冥福を祈らせてくれ」そう言うと、総監は首の前に正座し瞑目合唱する。三人は黙って泣いている。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2010-11-25 11:58 | 昭和維新


<< ボー・ブランメル      新内流し >>