2011年 03月 08日
『太平洋の奇跡』を観て
e0130549_16142913.jpg私は谷崎潤一郎の『細雪』を読みながら、映画『太平洋の奇跡』の上映を待った。『細雪』の日本人は友禅を纏い嵐山に花見をし、神戸港に洋行の客船を見送り、オリエンタルホテルで見合いをし、歌舞伎座で六代目菊五郎に陶然とし、銀座のローマイヤーで食事をする。

そして『太平洋の奇跡』を観て、そこに展開される光景、バンザイ突撃、洞窟での自決、汗じみた白いブラウスにモンペ、山中を彷徨う人々、焼けたトタン板、収容所、密林に息をひそめる兵隊、それらが、どう考えても一種の奇観であるように感じられた。

それはおそらく、昭和十一年から十五年の『細雪』と昭和十九年から二十年の『太平洋の奇跡』とでは、豊かさも風俗も違うことを承知していながら、昭和モダニズムとサイパン島を同じ時間上に並べて見る実感が、少なくとも私には無かったということであろうと思う。

つまりは、あのバンザイ突撃で次々と倒れてゆく兵隊のうち幾人かは、かつてのモダンボーイで、汗じみた白いブラウスにモンペ姿の女性たちの幾人かは、かつてのモダンガールであったということを、これまで本当には考えてこなかったということであろう。

モダンボーイやモダンガールだけではなく、あの戦争の死者たちが、日本書紀の遠い昔から抜出してきたのではなく、少し前まで小説を読み、映画を観て、美衣美食を愉しんだ人々であったことをもっと考えなければ、私は人間の歴史を取り逃がしてしまうと思った。

by hishikai | 2011-03-08 16:23 | 大東亜戦争


<< 奥州      平等に就いて >>