2008年 04月 24日
抑制と均衡の相互作用
e0130549_0373638.jpg「法とは、その最も広い意味で、事物の本性に由来する必然的な諸関係である」(法の精神/モンテスキュー)

彼は人間の本性が権力の濫用に傾くものだと懐疑的に捉えた上で、だからこそ万有引力が事物に作用するように分立された国家機関は引き合い牽制しあうことが必然であり、そのような「抑制と均衡」の諸関係の中でこそ正しき統治の法が発揮されると考えた。上の一文は、その期待を抽象的な表現のうちに込めたものである。

我国でも全ての国家機関に「抑制と均衡」の相互作用が期待されている。例えば内閣と国会の連携が崩壊したときには、政治原則の一致を回復する手段として「不信任決議権」と「議会解散権」が用いられる。この二つの権限があたかもピストンシリンダーのように対をなして作用することが議院内閣制の本質である。

また投票を起点とした政治的な作用が、国会内外における複数政党間の「抑制と均衡」の相互作用である。複数の政党が国会の内外で論戦を交え、集票競争を繰り広げて第一党の地位を争う。それは多様な選好のあり方を有権者に提示して、投票を起点とする活動で一党の独裁を抑制しようとする。

我が国の国会は「ねじれ国会」であるといわれる。そのために国政が停滞しているといわれる。だから大連立もまた一策であるいう。しかしこれは議院内閣制と複数政党制に対する正しい理解であろうか。権力分立とその相互作用に対する正しい理解であろうか。

第一党と第二党の所属議院が合同して内閣の構成員を占めることとなれば、ただでさえ事後的な監督機能に専心しがちな国会はさらに弱体化し、議院内閣制の本質であるところのピストンシリンダーは緊張感を持って機能しなくなるのではないだろうか。

また複数政党間の相互作用という観点からも問題がないであろうか。現代の有権者は多様な社会的背景を持ち選好もまた多様である。政党はその多様な選好を集約して市民社会と国家を架橋する。だからこそ政党は現代政治の動脈と言えるほどに重要な存在なのだ。果たして連立した二党にその使命が全うし得るであろうか。

「ねじれ国会」は実は「ねじれ」などではない。それは権力分立のあるべき姿である。「抑制と均衡」の相互作用、つまり「人間の本性に由来する必然的な諸関係」の現れなのだ。だから議員諸君は法に則り粛々と手続を尽くすべきである。

そして国民はこの途中にある混乱を国政の停滞などと悲観するのではなく、むしろこの混乱を統一や統制を加えることなく解決することで、議会により多くの経験的な知識が貯えられ、我国の議会制度がより強靱なものとなる、そう考えて議会には前向きな期待をかけるべきではないだろうか。

by hishikai | 2008-04-24 01:04 | 憲法・政治哲学


<< 自助の修正      新内考 >>