2008年 08月 29日
ゆく蛍
e0130549_1674969.jpgむかし男ありけり ひとの娘のかしづく いかでこの男にものいはむと思ひけり うち出でむこと難くやありけむ もの病みになりて死ぬべきときに かくこそ思ひしかといひけるを 親聞きつけて 泣く泣く告げたりければ まどひ来たりけれど 死にければ つれづれとこもりをりけり 時はみな月のつごもり いと暑きころほひに 宵はあそびをりて 夜ふけてやゝ涼しき風吹きけり 蛍たかく飛びあがる この男見臥せりて

ゆく蛍 雲の上までいぬべくは 秋風吹くと雁に告げこせ
暮れがたき 夏のひぐらしながむれば その事となくものぞ悲しき

(伊勢物語 四十五段)

娘が臨終の床で告白した恋を、親が男に告げるという叙事としての前半が、やがて惑い来た男の、女の死に間に合わず、徒然として籠るという一文で暗転し、その暗みの中で「みな月」「涼しき風」「蛍」と名詞を連ねた叙景が始まり、反魂の歌が詠ぜられ、最後には一転して夏の昼下がりに佇む男が詠まれ、物語は終わる。

堀辰雄は『伊勢物語など』でこの四十五段を取上げて「なにかレクイエム的な、もの憂いような、それでいて何となく心をしめつけてくるようなものでいつか胸は一ぱいになっております」と書いていて、この一文が四十五段の美しさを言い表わしていると同時に、伊勢物語全体の美しさをも言い表わしている。

ここでは、伊勢物語がレクイエムであるとまでは言えない逡巡が「レクイエム的」という表現となっているが、それでも源氏物語の威風堂々に対する如く、伊勢物語には、じっと耐えている「レクイエム的」な悲しみがあり、実はその悲しみと、それへの慰めが文学の底流にあって人を救うのではないかという、堀辰雄の考えも含まれている。

ちなみに『伊勢物語など』では一首目の冒頭「ゆく蛍」が「とぶ蛍」になっていて、これは伝本系統の違いであろうが、定家の写した定家本と、定家の娘である民部卿局の写した塗籠本には「ゆく蛍」とあり、音としても「Yuku hotaru」は「Tobu hotaru」よりもuの子音の続きで優れている。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-08-29 14:45 | 文化


<< 『クロオデルの「能」』より      戦闘者の武士道 >>