2008年 10月 16日
『短歌と哲学』を読んで
そら様、こんにちは。『短歌と哲学』興味深く拝読しました。短歌を詠じ情景と人の心に想いを馳せるとき、短歌は日本人の持った表現形態のうちで最善最美のものであると感じます。それだけに難しいなと感じることも度々ですが、それでも西行以前の難しさと西行以後の難しさとでは、難しさの種類が違うようです。

一般に理解されている範囲では、西行以前の難しさは古代の言葉や習俗への理解に関わっていますが、西行以後の難しさは、そら様もご指摘のように西行とその時代の持つ形而上的な対象への理解に関わっているようです。その転換点の先頭を歩き続ける西行の姿に先駆者としての偉大があり、孤独があり、魅力があるのかも知れません。

そのためかどうか定かではありませんが、西行への関心は近代人の心に特に強いように思われます。例えば小夜の中山の「命なりけり」を巡る荻原朔太郎や小林秀雄の評論は面白いのですが、彼らの傾向として西行的な価値を重視するあまり、西行以前の宮廷歌を軽く見ていることが私にはしっくりきません。

ですから、そら様が西行以後の展開にご関心があるのは承知の上で、それでも歌の本質は古今集仮名序にあるという、前提としてのご指摘の方に重心を置いて私は賛成します。これは一般的に西行以前の歌が「単なる自然に対する叙情や恋愛感情の発露に過ぎないと思われてきた」ことへの問題提起という側面があります。

例えば藤原俊成は自著『古来風体抄』で天台『摩訶止観』を応用して、花紅葉の持つ色香に心が感動して歌が生まれるという紀貫之の説を逆転し、あらかじめ歌がなければ人は花紅葉を見ても色香が分らないのだという唯識論を展開しています。西行以前の歌にもこのような理屈のあったことは見直されても良いと思います。

もちろん西行のように、あるいはそら様が考えておられるように、歌を通じて人間の懊悩を表現し、実存を記録し、哲学的思考に潤いを与えることも歌の大きな可能性であると思います。むしろその方面にこそこれからの短歌の役割があるのかも知れません。ですが天の邪鬼である私は西行以前の歌に沈んでみるつもりです。

さっぱり纏まらない内容で失礼致しました。以下は私が以前に書きました短歌についての文章です。いまいちですがご覧頂ければ幸いです。

和歌に附いての私見
西行と定家

by hishikai | 2008-10-16 00:46 | 文化


<< 歴史の海原      お手軽な合理主義 >>