2008年 12月 30日
椿
e0130549_1202989.jpg父は幼い私を連れてよく酒場に通った。その店の壁には伊豆大島の観光ポスターが貼ってあり、あんこ姿の女性が椿に寄り添って微笑んでいたのを、私は退屈紛れに眺めていたように憶う。その時のサイダーの瓶、裸電球、酔っ払いの話し声、そんな事どもが思い出されて、その後数年を経ても私は椿を好きになれなかった。

だが学生になった冬晴れの日のこと、農家らしい家の前を通りかかったときに、その家を囲む丈の高い生垣が全て椿の木で作られていて、そのぎっしりと詰った濃緑の葉壁を凌いで、ほとんど無数ともいえるほどの赤い花が一面に咲いているのを見て、私は初めて椿を美しいと思った。

奈良では東大寺、傳香寺、白毫寺の椿を三名椿と称しているが、私はその中の白毫寺の五色椿を以前に訪ねたことがある。それは高円山の傾斜に沿った長い石段を上り詰め、古い山門をくぐった左手にあって、一木に五様の花をつけて、それらを独り足下の深い苔にポタリポタリと落としていた。

そうした椿の侘びしげな風情は実に良い。だがもう一つのこととして、遥か古代の万葉人達が小さな花々の一面に咲き誇る椿の野性を愛したことを想像してみるのも、また良いのではないか。「巨勢山の つらつら椿つらつらに 見つつ思はな巨勢の春野を」などは、その当時の感覚を今日に伝えている。

この歌が詠まれた大宝元年(701年)は官司制の充実に力を注いだ推古朝から七十余年、絢爛な大陸文化が華開いた天智朝から四十余年の歳月が流れ、国を率いた新知識にも翳りがみられた。だが「巨勢山の」に始まるこの歌の無数の椿は、その葉蔭に宿す時代の翳りからもなお、浮き立つ如く可憐に咲き出ているのが印象深い。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-12-30 02:05 | 文化


<< 「みたま」を迎える日      『風邪ごこち』永井荷風(抜粋) >>