2008年 03月 09日 ( 1 )

2008年 03月 09日
遠い影絵
e0130549_11471489.jpg山手線に揺られて秋葉原のビル群を眺めていると、ここがかつて江戸と呼ばれた街なのかと不思議に思えることがある。アキバ系の混沌こそ日本の個性なのだという人もいるが、それでも自国の文化を「和のテイスト」などと聞くとやはり気が滅入る。永井荷風は明治の東京から江戸の風情が消えて逝くのを悲しみ惜しんだが、今やそれすら偲ばれる。

「苫のかげから漏れる鈍い火影が、酒に酔って喧嘩している裸の船頭を照らす。川沿いの小家の裏窓から、いやらしい姿をした女が、ほりものした裸の男と酒を飲んでいるのが見える。水門の忍び返しから老木の松が水の上に枝を延ばした庭構え。燈影しずかな料理屋の二階から芸者の歌う唄が聞こえる。月が出る。倉庫の屋根のかげになって、片側は真っ暗な河岸縁を新内流しが通る」(永井荷風/深川の唄)

団子坂下で買った江戸錦という、海苔の多めに巻いてある霰せんべいを頬張りながら清元志寿太夫を聞く。さて何を読もうか。樋口一葉は小唄、広津柳浪は新内、清元だとやはり岡本綺堂だろうか。

「若い女をおどしにかけて白状させたと云われちゃあ、御用聞きの名折れになる。おれはおとなしくおめえに云って聞かせるのだ。その積もりで、まあ聞け。宮戸川のお光には此の頃いい旦那が出来て、当人も仕合わせ、おふくろも喜んでいる。ところが、その旦那には女房がある。これがお定まりのやきもちで、いろいろのごたごたが起こる。その挙げ句の果てに、女房は二日の晩にこの大川へ飛び込んだ。亭主もいい心持はしねえから、ひょっとすると、その枕もとへ女房の幽霊でも出るのかも知れねえ。そこで自分も大川へ来て、ひとに知れねえように、南無阿弥陀仏か南無妙法蓮華経を唱えている。話の筋はまあこうだ。大道占いはどんな卦を置いたか知らねえが、おれの天眼鏡の方が見透しの筈だ。おい、どうだ。おれにもいくらか見料を出してもよかろう」(岡本綺堂/半七捕物帳)

遠い影絵を見るようだ。古い日本の色がある。それにしても東京のビル群が教えて呉れていることは、東京は江戸を滅ぼして出来た別の文明ということだ。だから私がいつも思うのは、全てを討ち滅ぼしたその後で、葛籠の中に取り遺された印半纏をひっ被り、澄ました顔で江戸の後裔を名乗ることは精神の偽装じゃないかということだ。江戸っ児じゃあない、東京っ児だ。都合のいい時だけ化けようとしても、そうは問屋が卸しちゃいけない。そうだろう、徳さん。

by hishikai | 2008-03-09 11:48 | 文化