2009年 01月 08日 ( 1 )

2009年 01月 08日
調停読本
e0130549_0101346.jpg私の手許に『調停読本』という本がある。発行日は昭和二十九年十月一日、発行者は日本調停協会連合会。編輯は最高裁判所事務総局が賛助。表紙は濃緑色の布製。川島武宜著『日本人の法意識』によれば「長い間、多くの調停委員にとって一種の公定教科書的な役割をはたした」本であるとのこと。以下に興味深い点を抜粋する。

《調停の本質》〈一、民事訴訟の裁判は、法律のわくにしばられます〉「(裁判による解決は)具体的妥当性に欠けるおそれがないでもないのであります」〈二、訴訟は日時と費用を要します〉「『訴訟ざた、勝つも負けるも損のもと』とか『よくばって、訴訟となってとも倒れ』とかいわれるのも、このことであります」

《調停委員となるべき者》「何よりもまず徳望良識のある者でなければなりません。誠に、『篤行の人にまかすは世のならい』であり、『徳望は調停の武器なり力なり』というべきであります。そして、『当事者に信頼感を与えつつ』『険悪な空気も和むお人柄』というような人物こそ、調停委員に選任すべきでありましょう」

《当事者の陳述》「いいたいことをいわしてもらえないことは、当事者にとってまことに苦痛でありますから、『つまらないことも謙虚に聞いてやり』、『へ理屈もいうだけ一応聞いてやる』というように『ともかくも底の底まで聞いてから』調停するという心構えが必要です」

《調停の成立》「調停手続は、これを目的として進められるもので、『それぞれにつくす誠が実を結び』、『ゆとりある調停案に歩みより』そして結局『すみません御苦労様とわらいがお』で『双方の納得できる名調停』が成立するならば、関係者は『生き甲斐を成立に知る帰りみち』ということになりましょう」

《調停いろはかるた》い「いろいろの もめごとはまず 調停へ」ろ「論よりは 義理と人情の 話し合い」は「話し合い 相手に五分の 利を譲り」に「人情の 機微に触れつつ 手際よく」ほ「本訴より 手がるで安い 話し合い」へ「平和なる 家庭にもどす 家事調停」(以下略)⋯。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-01-08 00:18 | 憲法・政治哲学