2009年 01月 31日 ( 1 )

2009年 01月 31日
永井荷風『日和下駄』より
e0130549_23036100.jpg私は今近世の社会問題からは全く隔離して仮に単独な絵画的詩興の上からのみかかる貧しい町の光景を見る時、東京の貧民窟には竜動(ロンドン)や紐育(ニューヨーク)において見るがごとき西洋の貧民窟に比較して、同じ悲惨の中にもどことなく云うべからざる静寂の気が潜んでいるように思われる。

もっとも深川小名木川から猿江あたりの工場町は、工場の建築と無数の煙筒から吐く煤煙と絶間なき機械の震動とによりて、やや西洋風なる余裕なき悲惨なる光景を呈し来ったが、今しからざる他の場所の貧しい町を窺うに、場末の路地や裏長屋には仏教的迷信を背景にして江戸時代から伝襲し来ったそのままなる日陰の生活がある。

怠惰にして無責任なる愚民の疲労せる物哀れな忍従の生活がある。近来一部の政治家と新聞記者とは各自党派の勢力を張らんがために、これ等の裏長屋にまで人権問題の福音を強いようと急り立っている。さればやがて数年の後には法華の団扇太鼓や百万遍の声全くやみ路地裏の水道共用栓の周囲からは人権問題と労働問題のかしましい演説が聞かれるに違いない。

しかし幸か不幸かいまだ全く文明化せられざる今日においてはかかる裏長屋の路地内には時として巫女が梓弓の歌も聞かれる。清元も聞かれる。盂蘭盆の燈籠やはかない迎火の烟も見られる。

彼らが江戸の専制時代から遺伝し来ったかくのごときはかない裏淋しい諦めの精神修養が漸次新時代の教育その他のために消滅し、いたずらに覚醒と反抗の新空気に触れるに至ったならば、私はその時こそ真に下層社会の悲惨な生活が開始せられるのだ。そして政治家と新聞記者とが十分に私欲を満たす時が来るのだと信じている。(日和下駄/永井荷風)※筑摩書房版より引用、新仮名使い。

大正三年に発表された『日和下駄』は、永井荷風による東京市中の景観に対する批評文であるが、また同時に人間と社会に対する彼自身の思想表明ともなっている。そして、その思想はここより二十余年の後、今度は小説という形で再び表明されることとなる。それが、あの『墨東綺譚』である。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-01-31 20:31 | 文学