2009年 03月 29日 ( 1 )

2009年 03月 29日
保田與重郎『やぽん・まるち』(要約)
e0130549_2193759.jpg今年の春、私は珍しい古典の演奏会に招待せられた。その会の出入者は殆ど旧幕の子孫といった人々で、実に私は異常に回顧的なむしろ神秘的な感興をその集まりのさ中に禁じ得なかった。そして演奏された大多数が旧幕の時代の作品だという中で私は「やぽん・まるち」というのを最も深く感興を以て聞いたのだった。

あれを文字に写し得ない。大体が行進曲であろうと思われるのに、その曲節はある時は心持の深みへおち込み、むしろ呼吸をこらさせる様に、恐ろしい精神の苦闘をまざまざと見せつけて進んだ。以来その曲が心の不安となっていた私は、ふと『辺境捜綺録』という独逸人の見聞記に「やぽん・まるち」の記事を発見した。

「やぽん・まるち」の作者は日本の幕府の武士であったらしい。下層武士の例にもれず、彼も算数習墨の教授を表の内職として、内では皷の稽古をつけていたそうである。丁度当時幕府に参上した使節に一人の仏蘭西人があり、この幕吏はこの仏蘭西人を友に得た。二人は互いに異国の楽器を奏しあったりした。

そして日本の武士は西洋の音楽に刺戟されて、いつか自国の芸術に新しい分野を開こうと烈しい情熱で誓うのだった。それから幕吏は深更でも疑問が浮ぶと必ず品川の異人館まで二里の道を歩いていった。時にはあかつきの白々と明けようとすることさえあった。いつか彼は皷による一曲の「まるち」を作りあげた。

だが彼は完成ということを知らなかった。作品の生命を固定させることが出来ない。彼は皷に向かっているきりである。やがて京都の軍勢は三道から殺到してきた。仏国人は彼を南欧の故国に誘ったが、彼は黙然と聞いていた。仏蘭西人問うて曰く、君の心、日本武士の気持たるか、と。日本の武士笑いて答うるに、我は芸術を破り、心を破らん。ついに肉体まづ破るべきものなるか、と。

江戸の戦いは敗兵を上野に集めていた。その陣中のどこからか日夜をわけずに小皷の響わたるのがきこえた。まがいもなくかの幕吏であった。だが山中籠城は数日を耐え得なかった。寛永寺の宮が奥羽に落ちるとき「風流な者がいます」と語られたのを、隊長天野は空虚に「ハッ」と答えるだけだった。

上野のあっけない陥落は昼頃だった。あい変らず衷心して鼓をうちつづけていた「まるち」の作者は自分の周囲を殺到してゆく無数の人馬の声と足音を夢心地の中で感じた。しかし彼は夢中でなおも「やぽん・まるち」の曲を陰々惻々と、街も山内も、全てを覆う人馬の声や、鉄砲の音よりも強い音階で奏しつづけていた。彼にとって、それは薩摩側の勝ち衿った鬨の声よりも高くとうとうと上野の山を流れてゆく様に思われていた。ついに「やぽん・まるち」の作曲者名は判明しない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-03-29 02:26 | 資料