2009年 05月 29日 ( 1 )

2009年 05月 29日
やまと くにばら
e0130549_11211618.jpgみほとけ の うつら まなこ に いにしへ の やまと くにばら かすみて ある らし(會津八一)

奈良を旅して、古い寺の金堂の薄暗い中に佇んで仏を拝し仰ぎ見るとき、まず胸に去来するのがこの感慨で、それを三十二の文字に言い尽くしている會津八一の歌は見事というよりない。仏の眼に映る古の姿は霞んであるらしと詠んでいる。「いにしへ」という過去が「ある」という現在に結びついて頼もしい。

「やまと くにばら」を今日の言葉で云えば、大和地方とか、奈良盆地となるのかも知れない。正確な意味というのではないが、印象として「やまと くにばら」は「まほろば」に近く、それは現実の地理を超えて、日本人の遠い淵源を誇り高く云った言葉であるように思われる。

そして私はこの歌に未来のないことを喜びたい。過去を詠い、民族の淵源を詠い、現在を詠い、そこでふっつりと歌の終っていることを喜びたい。過去と現在の間で、民族の古の姿が匂い立つような霞に包まれ、その光景が、人々の祈りに慈悲の心で応えてきた仏のまなこに宿るという、優しい詩情を喜びたい。

今日では明るい未来と云う。しかしその考えは過去と現在への不服を力としている。明るい未来は、暗い過去と現在のあることを前提としている。かつてあるドイツ人が「これまでの一切の社会秩序を強力的に転覆することによってのみ自己の目的が達成されることを公然と宣言する」と記したのは、その正直な告白である。

明るい未来は必然として明るい未来社会の建設を目指し、明るい未来社会の建設は必然として過去と現在を否定する。そして過去と現在が歴史・文化・伝統を包含するために、明るい未来社会の建設は必然として「強力的に転覆する」対象に、歴史・文化・伝統を選び出す。

それは私達日本人の考え方ではない。私達日本人は未来に身を投げ出すことを自然の感情としない。私達は「やまと くにばら」のあることを信じる。「やまと くにばら」のあることを信じるとは、自身を歴史・文化・伝統の化身と成し、過去の先頭に立ち、かけがえのない現在に踏み堪えて生きることを云う。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-05-29 11:26 | 文化