2010年 03月 30日 ( 1 )

2010年 03月 30日
『新帝国ホテルと建築家の使命』と『建築家を坑にせよ』
e0130549_148510.jpgF.L.ライトが『新帝国ホテルと建築家の使命』の中で述べているのは、次のようなことであろうと思う。自然の背後には大きな摂理がある。多種多様に見える自然の細部、例えば葉先の葉脈の一本にまで、この摂理は完全に貫かれている。人間の文明もまた同じである。

文明の背後には大きな摂理があり、人はこれを感得しなければならない。そして創作物の細部に至るまで、この摂理を貫徹させなければならない。そのとき各々の風土は各々の個性を生むであろう。あたかも梅の木に梅の実が成り、葡萄の蔓に葡萄の実が成るように。

文明が真に普遍的な価値を持つのは、摂理を把握して貫徹させるときである。そして文明が真に個性的な価値を持つのも、また摂理を把握して貫徹させるときである。文明の一表現である建築も、この原則を知らねばならない。そのとき建築は自然と渾然一体となる。

日本人の建築家に欠けているのは、この摂理を把握することである。この摂理を細部にまで貫徹させることである。いたずらな模倣を行なうために、日本の建築は日本の風土に根をおろさない。近代日本文明もまた然りである。日の丸は沈む夕日か、昇る朝日か。──

遠藤新が『建築家を坑にせよ』で述べていることも、これと同様であろう。彼はF.L.ライトが「my son」と愛した弟子である。文中の「建築の使命は…遥に大きな所にある。人生の真実に徹して、美を将来するの真骨頂に触れ」という一節がそれにあたる。

しかし遠藤新にはF.L.ライトの知らない憤りがある。文中の「一にも耐震、二にも耐震でこしらへて、よいものが出来る道理なし」という一節がそれにあたる。これは誰のどのような考え方への憤りであろうか。おそらく佐野利器の構造偏重、工学偏重への憤りであろう。

自由学園明日館(みょうにちかん)正面外観 大正十年(1921)自由学園の校舎としてF.L.ライトと遠藤新が共同で設計。木造漆喰塗の建物は高さが抑えられ、前庭との一体感が図られている。窓の意匠も面白い。重要文化財。

館内で記念撮影をしていた女性数人が、私の通り過ぎた後で、数秒の沈黙があり「見た 紳士、紳士」とささやきあっていた。紳士の何が悪い。


by hishikai | 2010-03-30 02:03