カテゴリ:第一次世界大戦( 7 )

2009年 09月 09日
進歩の時代
18世紀末から19世紀中頃、ヨーロッパでは封建制度が崩壊して農民たちが解放される。だが土地に頼って生活をし、手工業によって収入を得てきた彼らにとって、それは餓死への解放に等しかった。やがて職を求め無数の農民たちがイギリス、フランス、ドイツ、オーストリアなど、産業革命で急激な膨張を続ける新興工業地帯に移動を始めた。

だが初期の工場労働者である彼らに与えられたのは長時間の労働と低い賃金、家庭での貧しい食事と病気、ただそれだけであった。栄養は不足し住居の衛生状態が劣悪であったために、生きてゆくことそのものが難題であった。ロンドンの労働者の30%は慈善施設で息を引き取り、1850年には死亡者の94%が伝染病による死者であった。

子供たちも働いた。1860年にはイギリスのある地方長官がノッティンガムのレース工場で雇われている子供たちは朝の4時から夜の12時まで働かされていると報告し、1863年に政府の調査委員会に対して陶器製造所の少年は「おとといの夜からまったく寝ていません」と答えた。そうした彼らの平均寿命はおよそ17歳と少しであった。

医者として労働者たちの治療にあたる夫と共にベルリンのスラム街に住んだ画家のケーテ・コルヴィッツは、彼らの絶望を木炭とペンで描いた。彼女は病気の子供を見つめる親や、妻の死をなげく夫を描くことで、そのような悲惨な場面に何度も立ち会い、その心境を次のように書いた。「私の生活のすべては、死との対話の連続である」

こうした現実こそK.マルクスに生涯のテーマを提供したものであったが、意外にも最初の改革は富裕層の間から起こった。イギリスきっての大地主アシュレー卿は全産業における女と子供の労働時間に制限を設ける法案を成立させ、ソールト卿を始めとする幾人かの有力な工場経営者は、工場を地方に移して従業員のための模範的な町を造った。

次いで貧困層の間から改革が起こった。イギリスでは1871年に労働組合を認める労働組合法が制定され、組合は全国的な組織へと発展した。その活動は雇用者側との協定や仲裁を通じて行われ、ストライキは1889年以前にはほとんど行われなかった。このようなイギリスの状況をF.エンゲルスは「あらゆる国の中で最もブルジョワ的」だと指摘した。

ドイツ帝国を建設したビスマルクは「国家は救済事業でもある」と宣言し1883年に医療保険法、1884年に災害保険法、1889年に老廃疾者保健法を制定した。それらは陸軍の戦力維持という目的から徹底され、法律にはトイレの窓の場所と必要数も定められた。こうしたドイツの状況を社会主義者のW.リープクネヒトは「刑務所長の国だ」と評した。

だが彼らが何と評しようと現実は彼らの社会理論にほとんど関係なく進行した。1900年には労働者の賃金が30年前より50%上昇した。L.パスツールは細菌が病原体であることを示唆し、R.コッホが結核菌やコレラ菌を発見し、J.リスターが消毒法を開発し、R.フィルヒョーが下水が細菌の繁殖場所であることを突止めて、衛生施設が改善されていった。

都市には最初にガスが、次いで電気が普及して家庭や街頭を明るく照らし、一般の人々のための公園やレクリエーション施設が造られた。1890年から1910年までウィーンの市長を努めたK.ルエーガーはガス、水道、市電などの公共事業のほか、孤児院や葬儀場のような施設も市営に移し、町を緑地帯で囲んで市民のための牧場も管理した。

1868年から1886年にかけてイギリス、フランス、オランダ、ベルギー、イタリア、ドイツ、スイス、オーストリア=ハンガリーで初等教育が義務制となり、1900年までにイギリス、フランス、ドイツ、スカンディナヴィアでの文盲率は5%以下にまで減った。もっともこれら一連の改革について、ロシアとバルカン諸国は大きな例外ではあった。

それより50年前の1851年、ロンドンで万国博覧会が開催されるにあたってヴィクトリア女王の夫アルバート公は「この展示会は進歩の方向を示すべきものだ」と語ったが、それからの50年間はまさにその言葉どおり「進歩」の時代であった。しかしそれは人々が苦しい思いをして、悲惨な代償を払ったあげくの「進歩」であった。
e0130549_12413589.jpg
『ピエタ』ケーテ・コルヴィッツ 1903年

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-09-09 12:55 | 第一次世界大戦
2009年 07月 30日
フランスとロシアの蜜月
e0130549_14222570.jpg1871年のプロイセン=フランス戦争で、フランスが敗北したことによるアルザス・ロレーヌ地方の新生ドイツ帝国への併合はフランス人に深い怨讐をもたらした。ドイツの宰相ビスマルクはこれを憂慮し、モロッコなど北アフリカにあるフランスの権益を最大限に尊重するよう在外大使に訓令を発して、フランスに友好的な外交を展開する。

だが政治家や資本家はともあれフランス民衆の怨讐は癒されることなく、むしろバルカン半島で同じくドイツの圧迫を感じるスラブ人への同情を誘引し、遂にはフランスとロシア相互の親密な感情を醸成するに至る。このドイツを東西から挟み込む感情は、やがて第一次世界大戦での同盟関係に決定的な影響を与えることとなるが、この時はまだ知られていない。

反ドイツ感情と結果としての親ロシア感情。それらは1880年代後半の世紀末的な頽廃美に耽溺するパリにあっても、なおその底辺で敗戦の屈辱を晴らそうとする愛国的オペラの一幕を演じていた。アルザスの首府ストラスブール奪回を明確に打ち出さない政策は民衆にとって大逆罪であったし、観衆は『ローエングリン』の舞台に盛んな野次を浴びせていた。

その頃パリのアカデミー・ジュリアンに通う孤独で貧しい28才のスラブ人画学生アルフォンス・ミュシャは、ミュンヘンの美術学校から一緒に学んできたロシア人画学生ヴィドホプと共に、将来の不安に満ちた生活と、希望に満ちているであろう仕事について、うまく折合いをつけられるよう話し合いながら、サン・ミッシェル通りの人込みの中を歩いていた。

いろいろな計画について盛んに議論していたが、その時ふとヴィドホプの赤い刺繍のたくさんついたシャツに私の目がとまった。「おい、ヴィドホプ、素敵なシャツを着てるじゃないか!一晩中でも褒めたいよ」。するとヴィドホプはその場に立ち止まり、本を私の手に押し付け、何が何だかわからないうちに上着とベストをもぎ取り、シャツを頭の上に引っ張っていた。大勢の人が私たちのまわりに集まり、喧嘩を期待しているようだった。しかし半裸の学生がシャツを手渡して「気に入ったかい?じゃあ、取っておけよ!」と言うと、彼らは拍手と声援を送り始め、騒ぎはとうとう本物のデモになってしまった。「ロシア万歳! ロシア人万歳!」私たちのまわりの騒ぎは橋の方まで広がり、すっかり興奮したヴィドホプは上半身裸で私の横を歩いていた。

(ジリ・ミュシャ著/『アルフォンス・マリア・ミュシャ ── 生涯と芸術』より)

それは成島柳北がパリを訪れ、ともに幕末動乱を戦ったシャノワヌ大尉と再会して明治日本の江戸故旧に冷淡であることを嘆いた十五年後、日本で二葉亭四迷が『あひびき』を連載し、枢密院で大日本帝国憲法草案の審議が始った1888年のことであった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『四つの星』より〈宵の明星〉A・ミュシャ 1902年

by hishikai | 2009-07-30 14:24 | 第一次世界大戦
2009年 07月 21日
ドイツ帝国の誕生
e0130549_16495318.jpgあるイタリアの民族主義団体のシンボルが赤熱して炎を発する黒い木炭であることに象徴されるように、十九世紀ヨーロッパの人々の胸中で最も熱く輝いた理想は民族独立運動である。それは他国の君主による言語の異なる民族に対する支配を、人間の権利を侵害するいかなる行為にも劣らぬ犯罪だと考え、そのような体制への革命を夢見ることであった。

その夢を実現したのは十九世紀も半ば、進歩の時代の開幕と共に理想主義者たちに代わって歴史の舞台に登場した現実主義者たちである。彼らこそが民族国家を成立させた真の担い手と言える。中でも一頭地を抜く存在が、イタリアのカミロ・デ・カブールと、ドイツのオットー・フォン・ビスマルクである。

ビスマルクは1815年にプロイセン王国の下級貴族の家に生まれる。背が高く、姿勢がよく、肩幅が広く、図抜けた体力と満々たる野心を持つ彼は「人道主義を振回す口先だけの連中」を軽蔑し、それに見合う慎重さと透徹した知性によって、地方官吏から下院議員、在外公使を歴任して着々とその地位を高めていく。

その頃のドイツは、フランスとロシアの二つの列強に挟まれた地域に在って、時として他国の君主を戴く三十九の小国から構成された連邦で、その実権を握っているのは二つの国家──新興で歴史の浅いホーヘンツォルレン家のプロイセン王国と、由緒正しく長い歴史を誇るハプスブルグ家のオーストリア帝国である。

1862年、プロイセンの首相に指名されたビスマルクは秘かに三つの目標を立てる。それは第一に連邦からオーストリアを追い出すこと、第二にプロイセンが連邦の実権を握ること、第三にベルリンをパリよりも高い地位に置くことである。そして言う「現今の問題を解決するのは多数決ではなく、血と鉄である」と。

彼は早速行動を始める。まず心中の敵と定めるオーストリアと同盟を結んで、デンマークが領有を主張する二つの公国を軍事占領すると、事前にオーストリアと約束した占領地の共同統治を無視して、軍港を始めとするインフラ建設を決定。緊張が高まったところで、今度はイタリアと同盟を結んでオーストリアに宣戦を布告。十八日後にオーストリア軍主力をケーニッヒグレーツの決戦で撃破して、オーストリアを連邦から追い出すと、1867年に北ドイツ連邦を結成してプロイセンを指導国とする。

次いで1870年、プロイセン王とフランス大使がスペインの王位継承問題で会見した時の電報を、あたかも両者が席上で互いに侮辱し合ったかのように改竄して新聞に発表。「これはガリアの雄牛に赤い布を振ったのと同じ効果がある」というビスマルクの言葉どおり、新興のプロイセンを抑えたいと望むフランスが宣戦を布告。二ヶ月後にフランス軍主力をセダンの決戦で撃破してナポレオン三世を監禁する。

そして1871年1月18日、太陽王ルイ十四世の愛したヴェルサイユ宮殿「鏡の間」に、ドイツ政官軍の代表者ら一千人余が居並び、プロイセン王ヴィルヘルム一世の初代ドイツ皇帝としての戴冠を内外に宣言。ここに史上初のドイツ民族による統一国家、ドイツ帝国が誕生する。日本では明治四年、廃藩置県の詔勅が公布される半年前のことである。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-07-21 17:24 | 第一次世界大戦
2009年 06月 30日
イタリアの統一
e0130549_16453286.jpgイタリアの統一は英雄ジュゼッペ・ガリバルディと、サルディニア王国の宰相カミロ・デ・カヴールによって成し遂げられ、十九世紀後半に生きたヨーロッパの人々を熱狂の渦に巻き込んだ物語である。しかし皮肉な読み方をするならば、それは民族主義と近代国家、その理想と現実、新しい観念と旧い観念の矛盾を書いた物語であるようにも見える。

1859年、フランス軍がアルプスを越えてオーストリアの支配するイタリア北部へなだれこむ。これはサルディニア王国宰相カヴールの、フランス皇帝ナポレオン三世への哀訴と密約の成果であった。そしてマジェンタとソルフィーノの両決戦でオーストリア軍は敗れ、アルプス以南の平原でハプスブルグ家の勢力は駆逐される。

このことでイタリア全土に波及し始めた革命の気運を、これまでも母国イタリアと南アメリカで共和国樹立のために闘ってきた筋金入りの闘士であるガリバルディは見逃さなかった。1860年、彼はカヴールの内諾を得た上で、旧式の銃や錆びた銃剣を携えた千人の義勇兵を率いてジェノヴァを出航し、シチリアへ向かう。

シチリアとナポリを併せたイタリア南部はブルボン王家の支配するナポリ王国である。圧倒的な劣勢の中でガリバルディと義勇軍は勇敢に戦い、多くの民衆と共にシチリアを解放し、次いでナポリに入城する。しかし瀕死のナポリ王国にとどめを射したのは応援に駆付けたサルディニア軍であった。カヴールは最少の犠牲で最大の功績を手に入れたのだ。

それから一年もたたない1861年3月にはイタリア半島の大半の地域がサルディニア国王の下に統一される。カヴールには批判もあったが、そんなときカヴールは「もしも私が自分のためにしたのなら、さだめし大悪党だろう」と言った。国王と議会、古風な君主大権と自由主義的な制度という矛盾を二つながらに備えた近代国家がヨーロッパに現れ始めるのはその直後である。あたかもイタリアがカヴールとガリバルディの明暗によって統一されたように。


e0130549_16455518.jpg

イタリア統一の英雄ガリバルディ。肖像画は1845年、彼がウルグァイにいた時に描かれたもの。彼がかぶっているソンブレロは、イタリアに帰国した後には彼の姿に欠かせないものとなった。1859年、サルディニアがオーストリアを撃破すると、彼は1000人の義勇兵を指揮してシチリアに侵攻。2万4000人ものブルボン王家の軍隊を破った。左はカタラフィーミでブルボン王家軍と戦う、彼の義勇軍「赤シャツ隊」。

by hishikai | 2009-06-30 17:10 | 第一次世界大戦
2009年 06月 27日
民族主義の勃興
e0130549_16472112.jpg平和だった二十世紀初頭のヨーロッパが、突如として第一次世界大戦を引き起したことについては、ヴィルヘルム二世の不器用な対外政策が要因ではあるが、かと言ってそれが全てではない。いかに彼が成長著しいドイツ帝国の皇帝であっても、個人の力で六カ国の列強からなるヨーロッパを世界戦争に引きずり込むことなどできはしない。

三国同盟と三国協商が対立した当時のヨーロッパがそうであったように、国際社会の二極構造は戦争勃発の可能性が最も高いとされる。しかしどこかの国家が妥協をすれば戦争を回避できる可能性もある。事実十九世紀末のヨーロッパは平和だったのだ。なぜ二十世紀初頭にそれができなかったのか。その要因には民族主義の勃興がある。

それまでのヨーロッパの国際政治システムは、例えば1698年に性的不能者であったスペインのカルロス二世の後継問題で、フランスのルイ十四世が自分の孫を、そしてオーストリアのレオポルト一世が自分の息子を各々候補者に挙げて争ったときに、イギリスやオランダが提示した調停案にその典型的な考え方が示されている。

そこにはスペイン王に第三者であるパイエルン選定候をつける代わりに、イタリア国内のスペイン領はフランスがナポリとシチリアを、オーストリアがミラノを各々分割して受取るという内容が記されてあった。つまり十七世紀には今日で言う意味の国民はなく、国家や領土はその時々の都合で分割される「もの」であった。

そして1815年のウィーン会議が、ナポレオンの征服と敗北の後始末としてヨーロッパの国境線を引き直した後でも、なおこの色彩は強く残り、諸王家の姻戚関係と妥協の積み重ねがヨーロッパの勢力均衡に貢献した。(もっとも1698年の調停は不調に終ったが)それが変化を始めるとき、そこに民族主義は登場する。

まずギリシャ独立戦争と、これによってヨーロッパ人の間に引き起された一大センセーションがある。やがて1830年代にはヨーロッパ各地で暴動の嵐が吹き荒れ──この結果として代表民主制を獲得したのはベルギーだけであったが──そのことが同一言語と平等の国政参与権による共同体、すなわち民族国家こそがヨーロッパ人の胸に深く抱かれた理想であることを、諸王家に対して示すこととなる。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『メディア』(主演 サラ・ベルナール)のポスター A.ミュシャ 1898

by hishikai | 2009-06-27 16:49 | 第一次世界大戦
2009年 06月 25日
虚栄の果て
e0130549_1322043.jpg他人から大人物として扱われたい。そんな虚栄は往々にしてつまらない結末をもたらす。居丈高な態度で忠告をする、相手の肩を揺すって大笑いをする、憤然としてテーブルを叩く、そんなことをすれば折角の大人物も、周囲には危険人物と受取られかねない。ちょうど十九世紀末のドイツがそうであったように。

プロイセンを中心に統一されたドイツの成長は目覚しかった。イギリスと比較するならば、重工業は1890年代にすでに抜き去り、1900年代初頭のGNP成長率はその二倍であった。1871年に40万人だった常備軍は1914年には82万人に急増し、おまけに彼らの「ティルピッツ計画」は世界第二位の海軍力を目指していた。

e0130549_1324079.jpg皇帝の座についていたのは、ヴィルヘルム二世。癇癪持ちで片腕がよくきかず、強い劣等感に苛まれながらも、自分を神の代理人と信じ込んでいたこの威圧的な君主は、きびしい軍隊の訓練を受け、水泳や乗馬をはじめピアノの演奏まで習得していた。彼は独裁的であったが、臣民の心を強く惹き付けていた。

そして彼の対外政策もまた威圧的だった。1905年、彼はフランスがすでに足場を築いていたモロッコに乗り込み、その地域の独立を主張した。1908年にバルカン半島の緊張が高まると戦争をちらつかせて他国の介入を排除した。1911年にはモロッコのアガディール港に砲艦一隻を送り込んでフランスを威嚇し、これ以上の干渉をしないことを条件にフランス領コンゴの一部を手に入れた。

とはいえ彼、つまりヴィルヘルム二世は戦争を望んでいたわけではない。それは威嚇による不器用な和平工作であったといわれる。1900年からドイツの首相を努めたベルンハルト・フォン・ビューローはこう証言している。「彼の愛国的で威嚇的な演説は、外国人に対しフードリヒ大王かナポレオンの再来が、ここにいるという印象を与えたかっただけなのだ」

だが怯えたイギリスはフランスと、ついで1907年にロシアと同盟を結んだ。三国協商である。これは先に結ばれていたドイツ・オーストリア・イタリアによる三国同盟との決定的な対立を意味していた。イギリスの外務事務次官エア・クロウは、イギリスのこのような反応は自然法のようなものであると論じた。

平和で優雅で文明的な十九世紀末のヨーロッパは、しかしその地盤の深いところで、こうした融通の効かない二極構造へと徐々に変化していった。そして1914年、サラエボでのフェルディナント大公暗殺が二極構造のスイッチを押したとき、そのつまらない結末もまた、自然法のようにもたらされた。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『ジャンヌ・ダルク』(主演 サラ・ベルナール)のポスター E.グラッセ 1893

by hishikai | 2009-06-25 13:07 | 第一次世界大戦
2009年 06月 21日
永遠の平和
e0130549_18502176.jpg十九世紀から二十世紀へと移り変わってゆくとき、ヨーロッパは調和と平和の時代の只中にあった。戦争らしい戦争を目撃することもなく成年に達した彼らは、武力行使のような野蛮な伝統を繰り返すほど文明人は幼くないと信じた。人間は高度な文明へと躍進する──目の当たりにするもの全てがそう語りかけていた。

1897年のイギリスはヴィクトリア女王統治六十年を祝って興奮に酔っていた。祝典の行進は身長2mのエイムス大尉を先頭にして始まり、堂々とした騎兵隊、そして様々な制服を着たカナダ、インド、オーストラリア、ジャマイカ、ホンコン、シンガポールといった世界各地の大英帝国の歩兵隊がこれに続いた。

行列の終尾を飾る八頭の白馬が引く馬車の中には、イギリスとアイルランドから成る連合王国の女王にしてインドの女帝、ヨーロッパの祖母と謳われた78歳のヴィクトリア女王の黒衣をまとった小さな姿があった。10kmの沿道は花で埋め尽くされ、居並んだ数百万の人々はイギリスへの誇りを口々に叫んだ。

フランスもまた陽気で花やかだった。普仏戦争とパリ・コミューンは遠い過去となり、第三共和国の政治と経済は安定していた。海外領土もアフリカと東南アジアに約780万平方kmに及ぶ広大な植民地を獲得していた。フランスはわずか一世代のうちに世界的な勢力を持つ国へと復興した。

e0130549_1851586.jpgドイツの国力も充実していた。統一されたドイツの商工業はイギリスと肩を並べるまでに大きくなり、その成長率はイギリスの二倍であった。「ドイツは世界国家になった」皇帝ヴィルムヘルム二世は、そう誇らしげに断言すると植民地の獲得に乗出した。その自信は強力な常備軍の存在に裏付けられていた。

マネが、ルノワールが、ピカソが描き、ロダンが彫り、ワーグナーが、チャイコフスキーが作曲した。ニジンスキーが踊り、ニーチェが、フロイトが著わした。アルミニウムが初めて造られ、キュリー夫妻がラジウムを発見した。暗いのはドストエフスキーと彼に影響された遥か東方の国、我が日本のインテリゲンチャだけだった。

だが1914年6月14日、オーストリアのフェルディナント大公夫妻の車がサラエボで二発の銃弾を浴びたとき、情勢は一変した。フェルディナントは口から血を流しながら夫人に叫んだ。「ゾフィー!死んではいけない。子供達のために生きるんだ」──そして数分後、彼が座席へ崩れ落ちて死んだとき、ヨーロッパは第一次世界大戦の火中に投げ込まれた。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-06-21 19:11 | 第一次世界大戦