カテゴリ:紀行( 1 )

2010年 08月 26日
日本海を望む
e0130549_22332874.jpg糸魚川にて 田中冬二

巴丹杏を賣つてゐた
もう氷水屋も出てゐた
別所といふ村で飲んだビールは まださめなかつた
古い町家のうしろはすぐ濱になつて
あかるい青い青い海
信州から山越えして来た僕の錯覚だつたらうか
ぼくはそこの青い波の間をゆく龍宮の近衛兵のやうな赤い魚の群を見た
波しぶきの白い渚づたひには親不知あたりが見える
ああ僕のかへる越中もうすくうすく見える

             「海の見える石段」より

日本海。北の海だから少しは涼しいだろうと思ったが、ひどく暑い。それでも信州の山々を越え、妙高高原を下ったところに突然開かれた、この海の青さは格別だ。田中冬二の詩に詠われた、日本海の美しさ。

by hishikai | 2010-08-26 22:46 | 紀行