カテゴリ:文化( 85 )

2009年 03月 12日
疑似漢字に映して見る日本人の文化意識
e0130549_3511332.jpgそら様のブログに「らくだ」という方からコメントが寄せられた。これに就いては私も関係なしといえない。しかし私は両者の間に割って入ろうとか、どちらかに加勢しようとか、そういうつもりはない。ただこのコメントの内容に興味があるので、思うところを少しだけ書いておくこととする。

まずコメントを読んで、私は長谷川三千子氏の『からごころ』という、これまで日本人がどのように外来の文化を摂取してきたかを本居宣長の思索を手掛かりとして述べられた小論を思い浮かべ、次いでその中の疑似漢字に就いて述べられた箇所が、氏の論旨への説明として最も分かりやすい補助線であることを思った。

疑似漢字は古代アジア諸国が国語を表記すべく案出した文字のことで、ベトナムの字喃を始め、契丹文字、西夏文字、女真文字などがある。それらは漢字の部分を組み換えたり、雰囲気を真似るなど様々で、ぼんやりと眺めるならばエキゾチックでさえあるが、しかしそれを凝視するとき、ある苦しさの表情が透けて見える。

それは、漢字で書けば全ては中国語となるのだぞ、という「漢字の言霊」から少しでも遠ざかるため、漢字でない文字を作らねばならない焦燥と、しかし自分達の知っている文字は漢字の他にはないという現実の、あたかも左手で漢字を引き寄せながら、右手でそれを押し返す、そういう苦しみを云う。

文化と云うものには否応もなく引かれた国境があり、それ自体は国境に区切られた一個の血の通った有機体であること、そういうことが常識である人々にとって、文化の輸入は常に苦しみを伴う。この点で日本人の場合、例えば「さくはな」を「佐久波奈」(※)と表記することには、この原則への無意識的な無視が見て取れる。

日本文化が輸入で成立しながら、しかし「今ではまったく独自な発展を遂げています」と述べるとき、そこに疑似漢字のあの苦しみはない。そのような文化への手付きが、現行憲法でさえも、その歴史的成立事情を乗越えさせ「さくはな」を「佐久波奈」と表記する同じ手順でもって、遂にはそれを自己の文化と認めてしまう。

(※)例えば訓読と云うものは漢語の様態を全く無視している。考えてもみよ。「I love you」を「Iハ youヲ loveス」と読み下したときの原文の崩壊を。あるいは咲く花という意味の「sakuhana」という日本語の音を「佐久波奈」と漢字の表音機能だけを借りて表記した万葉仮名の漢語としての全くの不成立を。このような文化の摂取方法は、文化の国境を無視すること、さらには無視していることも無視すること、そのような意識の下で始めて成立する。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-03-12 04:31 | 文化
2009年 02月 28日
『逝きし世の面影』の読み方
e0130549_18592261.jpg『逝きし世の面影』は名著だと思う。そこには江戸期から明治にかけ日本に赴任していた外国人の観察による私達の先祖のありのままの姿が描き出されていて、新鮮な驚きに満ちている。また著者の渡辺京二氏が、これらの記録を礼節、労働、身分、宗教、自然等に分類して丁寧に編んでいるので大変に読みやすい。

とはいえこの本をどう読むかということは、この本が記録で編まれているだけに問題で、それによって読者の心に抱かれる近代以前の日本人像が大きく異なってくる。これについてかなり多くの人が、私達の先祖は愛情細やかで高い道徳意識を持っていた、それがこの本で判った、という感想を抱いたのではないかと思う。

しかし私はこの本が日本人の道徳的な高さを強調する方向からだけで解釈されることには疑問がある。というのは今日の私達は「道徳」という言葉に、損得感情から離れた利他的で高邁な規範意識をイメージしているために、そのような道徳イメージを当時の人にも無意識にあてはめてしまう可能性があると思うからである。

例えばこの本には、遊廓と客の間のもめ事が暴力沙汰寸前に至りながらも、結局は当事者同士の話合いで解決されたことであるとか、船頭たちの紛争が橋の上の綱引きで解決されたことが記述されていて、同時にそのような紛争に対して、奉行所や代官所が必要最小限度の介入しか行っていないことも記述されている。

これらの事例は当時の社会秩序や道徳の維持に、人々の私的自治が果たした役割の極めて大きかったことを物語っている。そしてこのことは、当時の道徳が今日私達のそれとは異なり、商売や取引きを通じて徐々に形成されてきた、互いの利害関係を起源とする「しきたり」としての道徳であることを強く推測させる。

仮にそうであるならば今日の社会正義の実現を、かつての日本人の道徳の高さを引合いに出しながら政府に迫る私達の態度は、その根本にある先祖への理解で誤っている。「商業と製造業は秩序と善政をもたらす」というA・スミスの主張を肌で理解していたのは私達ではなく、むしろ江戸期の日本人だったのではないだろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-02-28 19:07 | 文化
2009年 02月 16日
梅は咲いたか
e0130549_12184698.jpg梅は咲いたか 桜はまだかいな 柳ゃなよなよ風しだい 山吹ゃ浮気で 色ばっかりしょんがいな(梅は咲いたか/小唄)

『梅は咲いたか』は端唄かも知れない。と思うのは小唄が幕末から明治に興り、主に清元節の演奏家たちの作品であるのに対し、端唄は各地の流行歌が江戸化したもので、小唄より庶民に愛好された為だが、実際には殆ど同じで江戸の俗謡といえば間違いない。通りが良いのでここでは小唄と云う。

ここ数日のように暖かくなり梅の花も満開で、その青味走った清々しい香りが浅い春の訪れを告げる、そんな時にぶらぶらと土手道などを歩くと、思わず鼻唄にのぼるのがこの『梅は咲いたか』で、これを唄えば少しばかりの冷たい風も不思議と粋に感じられる。

この唄は詞の内容からすれば、茶碗叩いてチャンチキとやりたいところだが、実際にはテンポも緩く唄も平板な、過ぎ去った春を回想するような調子で唄われるもので、私もお師匠さんから最初に教えて頂いた時には、古い芸能とはこういうものかと少し驚いた。

このことは桃山晴江のCD『うたづくし』でも確認することが出来、その解説でご本人が「ここに収めた曲は、どれも懐かしい故郷の景色と風情、情緒、粋、⋯(後略)」と仰っていることからも、その緩い調子が小唄の古形であることが知られる。あるいは谷崎潤一郎もこんなことを書いている。

長唄は声の出し方が素直であるからまだいいとして、昨今はまた小唄が流行り出している。あれは江戸唄の中でも殊に江戸的特色の濃いもので、最も末梢的、廃頽的な感じのものだ。ああいうものは東京人でも一般向きがしないというのが本当で、長唄を和歌とすればあれは俳句だ。(私の見た大阪及び大阪人/谷崎潤一郎)

追記

ちなみに『梅は咲いたか』の出だしの「梅」は「うめ」ではなく「んめ」と唄う。日本語の「ん」にはm音とn音とがあり、この場合はm音から始める。古文にも「梅」は「むめ」とある。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-02-16 12:36 | 文化
2009年 01月 25日
mishima
e0130549_9245945.jpg友人が映画の入ったDVDを一枚呉れた。ケースに「mishima」とある。説明は全て英文で、a film by Paul Schrader、starring Ken Ogataの文字が見える。1985年制作であるらしい。ケースのデザインは黒が基調で、ざっと謂えば、ゲイシャ、フジヤマ、トーキョーローズといった気分。

早速、帰宅して鑑賞。三島由紀夫の伝記映画だった。色々と言えば、色々とあるかも知れないが、総じて巧く出来ている。映画『憂国』のロケ風景、『学生とのティーチ・イン』など、アングルから小道具に至るまで、実に良く調べ、実に良く再現している。

あるいは、紅燈万点とする歌舞伎座のロビーに、着物姿の人々が往き交う。制服に身を包んだ盾の会が、国立劇場の屋上を行進する。白いコロナが日本の街並を、首都高速を疾駆する。これらは出来得る限り、実際の場所を使用した撮影となっている。少なくも、私にはそう見える。三島邸も本物ではあるまいか。

また、自衛隊市ヶ谷駐屯地での総監拘束から演説への過程、その中にある自衛隊との構図も理解しやすい。一号館バルコニーの上から天皇陛下万歳を奉唱する三島由紀夫と森田必勝。下から野次る自衛隊諸官。あの光景が旧軍と自衛隊の、戦前と戦後の、怨念と諦念の、過去と現在の対決であることが判る。

演技者は『金閣寺』の主人公を演じた坂東八十助が秀逸。黒い学生服の足許をゲートルで編み、坊主頭に学帽を冠っている。吃るために、首を傾げ、身を捩って、言葉を発しようとする。それが不思議に美しい。昔、マヤの貴族が帽子の目の前の片方に錘を吊るし、自らを斜視にした、その美しさを想い起す。

少し難点も言わねばならない。主演の緒方拳は、三島由紀夫に較べて四肢が短く、歩き方も農民式で悠々としない。だから彼は三島由紀夫の「仮面」ではなく、その内面を演じなければならないし、事実そうしている。だがそれでは、三島由紀夫自身が、実のところ「仮面」であったことは伝わらないと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-01-25 09:28 | 文化
2009年 01月 16日
成人病としての演歌
e0130549_2205935.jpgNは弁当屋の大将。今、彼は一日の商売を終え、近所にあるこのモツ焼き屋のカウンターで私と肘を並べてウイスキーハイボールを飲んでいる。頭に白いタオルを巻き、青いジャンパーを羽織っている。もう夜の十時を過ぎて、客は私達の他にはいない。通りを往く人も少なく、一月の冷たい風が暖簾を揺らしている。

「俺さぁ、最近、演歌、好いと思うんだよね」「⋯⋯⋯」

Nは根っからのロックファンで、LP盤も随分と持っている。先だっても部屋にお邪魔して彼のコレクションを拝聴したばかりだ。酔って興が乗ればF・マーキュリーを真似て周囲を楽しませてくれるし、さらに酔えば往来でエアギターをやる。その彼が演歌が好いと言う。が、これは彼に限ったことではない。

私の中学校以来の旧友、Sもその一人。ソウルのコレクターで、ギターを巧みに弾く。それがどうしたことか、鳥羽一郎のファンになった。そしてもう一人、KはSの後輩。やはりギターを巧みに弾く。複雑なコードも熟知する。が、彼もやはり鳥羽一郎のファンになった。彼らは互いを一郎、二郎と呼び交す。

こういうことは、一種の精神的、文化的な成人病であろうと私は思う。男も四十を過ぎれば、身なりも髪型もすっかりおじさんになる。自分は若いつもりでも、知らず知らずのうちに萎えた気分が染込む。カウンターに肘をつき、背中を丸めて酒を飲む。そこへ有線放送から演歌が流れる。あゝいいなぁ、となる。

演歌は日本人の心と言うが賛成し難い。芸能史に詳しいわけではないが、おそらく演歌は川上音二郎の「オッペケペー節」以来の芸能で、浪曲と共に近代的な来歴を持つ。真に日本人の心を聴くのであれば、中世の琵琶平曲や能の謡、近世の地唄や清元に止めを射す。

と、考える間に数秒が経過した。Nはまだこちらを見ている。(仕方ない⋯)私はウイスキーハイボールを一口飲んで、こう答えた。

「それなら、俺の『前川清ベスト25』貸そうか、結構いいよ」

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-01-16 03:07 | 文化
2009年 01月 12日
しづ心なく花の散るらむ
e0130549_1284141.jpg映画『奇跡の人』で、ヘレン・ケラーは流れる水に触れながら「water」と言う。そのとき彼女は、温度や勢いに違いがあっても、今触れているものと、これまで触れてきたものとが一つの「まとまり」であること、そこに「water」という名称が与えられていることを知る。

同じように梅や桜は一まとまりに花と呼ばれ、雀や鶴は一まとまりに鳥と呼ばれる。私達はこのように世界をまとまりの集合として認識し、各々のまとまりに名称を与えて理解する。換言すれば私達の世界は、私達が仮設したまとまりの集合体に過ぎない。花も鳥も単なるまとまりであって「それ自体」では存在しない。

この名称を与えられたまとまりが概念だが、私達は何事かを他者に伝えたいとき、その概念を一定の組合せに編成して記号化する。記号の組合せである文が所定の方式である文法に則って綴られるとき、受信者はこれを解読し自らの心中に概念を再編成して相手の意図を理解する。

この編成された概念が「理(ことはり)」で、人は何事かを論じ、伝えるとき、それを「理」に置き換えて操作する。だが古来より日本人はこの方法に限界があると考えてきた。確かに精密な「理」を操作すれば、人は世界を精密に把握することができる。だが概念が「それ自体」では存在しないことに変わりはない。

一方で私達が桜の散る光景に出逢ったときに受ける「感じ」は紛れもなく存在する。その「感じ」はどんなに精密に概念を編成しても伝えることはできない。この「感じ」が「こころ」である。だが私達は他者への伝達を上述の如く概念の編成によって行う他に方法を知らない。そこで日本人は「こころ」を「うた」で伝えた。

「久方の 光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ」と聞けば、私達はうららかとも、もの悲しいともつかないある感じ、すなわち作者の「こころ」を了解する。そのようにして私達は、遠くは国の始めから、近くは先の大戦まで、星の数とも知れぬほど世に送り出されてきた先人達の「こころ」を受取ってきた。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-01-12 12:19 | 文化
2009年 01月 02日
「みたま」を迎える日
e0130549_1363687.jpg酒田市から北西に約40kmの海を隔てて飛島がある。この島の里から岡を越えて西へ向かう小径の先に賽の川原があり、何人が積むとも知れない石の塔が幾つもある。言い伝えによると、この近くの山で草を刈っていると、佳い声で唄を口ずさみながら通って行くのを聴くことがあり、そういう時にはきっと村で誰か死んでいる。

あるいはこの小径の脇に住む老人が、夜更けに何か独り言を呟きながら登って行く声を聴くことがある。あゝまた誰か死んだなと思うと、翌日には村から葬式が出る。時には啜り泣きをして行くのもあれば、はァとただ一つ溜息が聴こえたり、そうかと思うと気楽そうに鼻唄で登って行く女もあるという。

これは昭和二十年、柳田国男によって書かれた『先祖の話』に記された言い伝えなので、現在のことではない。島の墓所は他にあるのだろうから、賽の川原は幽界への入口であろうか。ともかくも、こうして幽界へ逝った人々は「みたま」となり、御先祖様となり、村の祭事には再び帰って懐かしい人々と暮す。

正月と盆は、曾てそのような先祖祭であったと柳田国男は言う。徒然草には晦日を「亡き人の来る夜とて」とあり、元旦に先立って魂祭のあったことを証している。これが十万億土の彼方より帰り来るとか、地獄の釜が開くなどと言い習わしてから、死者を何か穢れたものとして、正月より切り離してしまったのではないか。

だが私達の先祖の霊は子孫が年々の祭祀を行う限り、永くこの国土にあって時を定めて故郷の家に往来した。そして日頃には清らかな山の高みにあり、春の始めには里に降って田のものの生育を助けると信じたのだ。その時人々は極楽を他所に持ってはいなかった。どこまでも故郷を愛したのだった。

─新年の詞─ 当ブログを御覧の皆様、新年明けましておめでとうございます。昨年は年末の記事に御礼も書かず、また新年は元旦のアップもせずにおりましたこと、ひとえに私の怠惰の故と恥入る次第です。当ブログは今年も更なる内容の充実を目指す所存ですので、何卒引続きの御高覧をお願い申し上げます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-01-02 01:56 | 文化
2008年 12月 30日
椿
e0130549_1202989.jpg父は幼い私を連れてよく酒場に通った。その店の壁には伊豆大島の観光ポスターが貼ってあり、あんこ姿の女性が椿に寄り添って微笑んでいたのを、私は退屈紛れに眺めていたように憶う。その時のサイダーの瓶、裸電球、酔っ払いの話し声、そんな事どもが思い出されて、その後数年を経ても私は椿を好きになれなかった。

だが学生になった冬晴れの日のこと、農家らしい家の前を通りかかったときに、その家を囲む丈の高い生垣が全て椿の木で作られていて、そのぎっしりと詰った濃緑の葉壁を凌いで、ほとんど無数ともいえるほどの赤い花が一面に咲いているのを見て、私は初めて椿を美しいと思った。

奈良では東大寺、傳香寺、白毫寺の椿を三名椿と称しているが、私はその中の白毫寺の五色椿を以前に訪ねたことがある。それは高円山の傾斜に沿った長い石段を上り詰め、古い山門をくぐった左手にあって、一木に五様の花をつけて、それらを独り足下の深い苔にポタリポタリと落としていた。

そうした椿の侘びしげな風情は実に良い。だがもう一つのこととして、遥か古代の万葉人達が小さな花々の一面に咲き誇る椿の野性を愛したことを想像してみるのも、また良いのではないか。「巨勢山の つらつら椿つらつらに 見つつ思はな巨勢の春野を」などは、その当時の感覚を今日に伝えている。

この歌が詠まれた大宝元年(701年)は官司制の充実に力を注いだ推古朝から七十余年、絢爛な大陸文化が華開いた天智朝から四十余年の歳月が流れ、国を率いた新知識にも翳りがみられた。だが「巨勢山の」に始まるこの歌の無数の椿は、その葉蔭に宿す時代の翳りからもなお、浮き立つ如く可憐に咲き出ているのが印象深い。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-12-30 02:05 | 文化
2008年 12月 10日
東洋の時間と空間
e0130549_16512116.jpg今日のように文学を活字本で読み、絵画を美術館や画集で鑑賞するのは、その前提として文学を時間的芸術形式、絵画を空間的芸術形式と捉えて両者を別個に認める意識が私達にあるためだが、これはむしろ近代の考えで、古代の人々は時間と空間の表現を一つの形式に織込もうとして苦心し、またそれを当然だと考えていた。

八世紀、唐の都長安では通俗な言葉で経典の内容を説き聞かせる俗講という催しが各寺院で開かれ賑わったが、そのとき僧は絵画を掲げてこれを指し示しながら、散文による語りと韻文による唱いを交互に繰返して、人々に仏の教えを平易に説いたという。

その実例と目されるのが敦煌より出土した『牢度叉闘聖変』の巻画で、ここには表面に牢度叉と舎利弗の幻術比べが絵画として描かれ、裏面に物語の韻文が書かれていて、その存在は往時これを高々と掲げた僧の唱声と人々の嬌声の交錯を伝え、そして何よりも一つの表現形式に織込まれた時間と空間の交錯を私達に伝える。

このような典籍が我国に伝来した記録として正倉院文書に『古今冠冕図一巻』の書名があり、次に藤原佐世が宮中の本を分類した『日本国見在書目録』に七十八の図入りと思しき書名がある。そしてその中の十二までが唐の歴史書『歴代名画記』に同じくあることは、奈良朝の人々の大陸文化に寄せる知的関心の高さを示している。

やがて九世紀も後半、宇多天皇の御代に白居易の長詩を和訳した上に絵と和歌が加えられた『長恨歌』の物語が制作されて『伊勢集』にもその時に作られた歌が記録され、後の『源氏物語』の「絵合」にも源氏が取出して見る絵巻の中に『長恨歌』の書名が見られるといったように、これが我国の「絵巻」の有力な嚆矢となる。

これと同じ頃に宮中や貴族の邸宅に設えた屏風の絵が、それまでの漢詩文に則した風景や風俗から日本の景色へと変化していったことは『古今集』や『拾遺集』からも明らかで、ここに「やまと絵」の源流を見ることができる。これが上述の「絵巻」と相まって時間と空間を渾然一体とした我国の「絵巻物」へと繋がっていく。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-12-10 17:24 | 文化
2008年 12月 05日
中世欧州に於ける詩的文芸の果実
e0130549_12472140.jpg中世欧州、とりわけ十二世紀は後の豊かな欧州の基礎となった。幾つもの大学が設立され、審美的な趣味が大聖堂やフレスコ絵画と多声音楽に発揮された。熱心な教育が洗練された文芸を生み出して浪漫と武勲を語った。中でも吟遊詩人はラテン語の代わりに自国の言葉をその表現に用いて先駆的だった。

最初の吟遊詩人は十字軍あがりの美食家、アキテーヌ公ギョーム九世。彼は自らの筆を詩に染めるだけではなく、多くの詩人と共に暮した。彼の孫娘エレオノールも、夫のフランス王ルイ七世と共に十字軍に参加したが、そのときルイ七世が幾万もの騎士を従えていたのに対し、エレオノールは多くの吟遊詩人を連れていた。

彼女の愛する吟遊詩人とその芸術がドーバー海峡を渡ったのは、彼女が伯父のレイモンやサラセン人の奴隷と浮名を流した華々しい十字軍遠征から帰国した後、ルイ七世との教会離婚を成し遂げてブランタジネット家のヘンリーと結婚し、そのヘンリーがイングランド王ヘンリー二世となった御代のことだった。

彼女のこうした公私にわたる欧州文芸への貢献は、やがて多くの貴婦人達の心に宮廷風恋愛への憧憬という果実を結んだ。それは野蛮で封建的な騎士の妻という立場に甘んじ、これに憤慨していた彼女達の必然の声だった。それが吟遊詩人により各地へ伝えられると、夫達の作法は洗練され、彼女達の地位は著しく向上した。

宮廷風恋愛とは騎士と彼が選んだ貴婦人との恋愛を賛美したもので、この場合の貴婦人とは妻以外の女性を意味した。その掟は恋人達が戯れあう形式ばった庭園のように念の入ったもので、それによると浪漫的な騎士は陽気で、熱烈で、秘めごとを洩らさず、慇懃でなければならなかった。

そしてリヒテンシュタインの騎士ウルリッヒが意中の貴婦人と言葉を交わすまでに十年間も求愛し続けたように、貴婦人がどれほど長く好意を見せなくとも、彼は落胆することなく求愛しなくてはならなかった。そのような彼女達の手鏡の裏には大概、愛の天使が矢を放って地上の男を仕留める様子が象牙に彫られていた。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-12-05 13:22 | 文化