<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2008年 05月 31日
『蜘蛛の糸』
e0130549_1230295.jpg『蜘蛛の糸』は児童文学である。作品の出自から言えばそれも誤りではない。1918年7月、児童雑誌『赤い鳥』の創刊号に発表され、主幹の鈴木三重吉が「芥川が世間で持て囃されるのは当り前だ。まるで他の奴等とはモノが違ふ。(赤い鳥)始まって以来、こんな傑作を書いた奴は一人もゐやしない」と評価するこの作品は、しかしその位置付け故に、後世その読み方にある方向付けを余儀なくされる。

1937年、『国語解釈』(龍之介の『蜘蛛の糸』について)は次のように言う。「カンダタの様に無慈悲な利己主義を出した男は、やはり無限地獄に落ちること、強ひて教訓的に敷衍すれば、人間は自分の運命に甘えて高上りになつてはいけないということ等の意味が象徴されてゐると見るべきである」

エゴイズム。この読み方は戦後も変わらない。1962年の学校図書版『教師用指導書』は作品の主題を「お釈迦様の慈悲をもっても救い出せなかったカンダタの利己心」と画定し、1992年の大阪書籍版『小学道徳生きる力 6年』は作品を通じて「思慮深く節度ある生活をしようとする気持を育てる」ことを薦める。

『蜘蛛の糸』は三つの章から成り、一章はお釈迦様が極楽より蜘蛛の糸を垂らすまで、二章はカンダタが糸を上り落ちるまで、三章はカンダタの落下を視たお釈迦様が再び歩き出すまでを描く。エゴイズムを軸に読むならばこの作品は二章で結実する。その為か東京書籍と大阪書籍の副読本では三章が削除されている。

こうした読み方は、お釈迦様の問いにカンダタが応答しなかった浅ましさに教訓の果実を収穫しようとするものだが、読み方を変えることで、お釈迦様とカンダタという二つの存在の、この問いを介して互いの光と影を照らし深めるその経緯の中に、問い問われる両者の絶望と不信の果実を収穫することもできる。

ある者が他者のエゴイズムを悲しみ、なお自らのエゴイズムを棚に上げるという欺瞞を回避しようとするならば、その者は超越者であるより他にはない。その時に超越者は善悪をも超えるだろうが、しかし人が知るのは善悪である。善悪の彼岸にある者の問いに、善悪の手前にある者は何を頼みとして答えるのか。

手許で切れた糸を握りしめてカンダタはくるくる回りながら落ちていく。そうしながらカンダタは罪人達に「下りろ」と叫んだことを悔いるだろうか。いや、あの罪人達さえ問いが見せた幻だったのかも知れない。そうだとしたらカンダタは叫んだことを悔いるのではなく、人間に生まれてきたことを悔いるのではないか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-05-31 12:51 | 文学
2008年 05月 20日
『からごころ』
e0130549_0415074.jpgどの民族にも各々にふさわしい自然な心の働かせ方があるはずだ。本居宣長はそう考えた。しかし彼の目に映ったのは何とも不自然な同時代人の姿だったので、彼はその事態を「からごころ」と呼んだ。それは儒教と漢文を正統な学問と考える、当時の漢国かぶれを指すのではない。事態はもう少しややこしい。

「意識的な中国びいきは、まだしも救いがある。その人自身、自分の中国びいきであることを心得ているからである。しかし問題となるのは、直接に四書五経を読むでもなく、漢詩をたしなむでもない多くの人々の、自らはそれと気付かず『中国流』となってしまっていることである。」(からごころ/長谷川三千子)

日本人が日本人であるということは、あたりまえの事のようでもあるが、その意識の根底には外来文化を取り入れて基礎としてきたことへの無視が潜んでいる。他人の文化を自分の文化と思い込む、そういう自らの態度を見ない、文化の国境を見ないことで日本人の意識は成立している。

小林秀雄は言う。「私達は、漢字漢文を訓読という放れわざで受け止め、鋭敏執拗な長い闘いの末、遂にこれを自国語のうちに消化して了った。漢字漢文に対し、このようなことを行なった国民は、何処にもなかった。この全く独特な、異様といっていい言語経験が私達の文化の基底部に存し、文化の性質を根本から規定していたという事を、宣長ほど鋭敏に洞察していた学者は、他に誰もいなかったのである。」

明治の文明開化もまた同じだった。私達は尊王攘夷の舌の根も渇かぬうちに、蒸気機関車も二十八サンチ砲も立憲主義も帝国議会も受け入れた。所詮すべては毛唐の発明品だ。しかしひとたびそう見えてしまったら、もう大真面目に学ぶことはできない。軽蔑しながら学ぶことなど人間にできようはずがない。

文明開化とは便利な言葉で、私達はそれを欧化政策とは言わない。しかし実際はどうであったか。ペンキ塗りの洋館で踊ったのは誰だったか。確かに屈辱感があっておかしくない。原理的なナショナリストから日本人の変わり身の早さを見れば、この国の人々の心には屈辱感を素早くしまい込む特殊な仕掛けがある、そう見えても何ら不思議ではない。

とはいえ明治の人々が欧化政策を文明開化と言い、それを信じ込むことで国難の脱出に成功したこともまた事実だ。外来文化の摂取を屈辱だと受け止めていたら日本は助からなかっただろう。だとすればその隠れた功労者は「からごころ」ということになる。

日本人とは何かということを考えるとき、必然その眼差しは文化の底へと向かう。江戸の爛熟した繁栄でもなければ、戦国乱世の武勇伝でもない。もっとずっと以前の古代へ。儒教でもなければ仏教でもない。もっと原初の信仰へ。そうやって日本文化の深遠を覗き込んだとき、私達はそこに何か核心めいたものを見るだろうか。それともただ真っ暗な「からごころ」の洞穴が広がっているだけだろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-05-20 00:49 | 文化
2008年 05月 17日
誰の物語を信じるのか
e0130549_11352222.jpg他者に影響を与える能力をパワーという。国際社会における国家間の優劣の関係は、その国家が保有するパワーの強弱に深く関連し、パワーの強弱は原泉となる資源の質に深く関連している。強力なパワーの保有は国際的なポーカーゲームで有効なカードを持っていることと同じである。

パワーには命令するハードパワーと魅了するソフトパワーとがあり、20世紀までの国際社会では軍事力に代表されるハードパワーが主役であった。この資源は人口・領土・天然資源・経済規模である。しかし国際法の整備による一方的な開戦の困難、大量破壊兵器の拡散懸念による戦争コストの上昇という要因により、21世紀の国際社会ではソフトパワーが主役の地位を獲得しつつある。

従来のソフトパワーはイデオロギーや文化的魅力を指したが、現在では民主的自由や人権の尊重が主流となっている。これは人間の生命維持に短期的かつ直接的に関連するために従来のソフトパワーよりも説得力が強く、カードとして遥かに有効である。

この新しいソフトパワーの資源は信憑性である。第二次湾岸戦争で開戦の理由とされたイラクの大量破壊兵器に関する情報の信憑性が失墜すると、ブッシュ政権は開戦の理由を自由と民主主義の擁護に転換したが、もはや世界はこれを言い訳としか受取らなかった。

これは情報の信憑性の失墜が、アメリカの自由と民主主義の信憑性の失墜に繋がったことを意味する。アメリカはこの件で自らのソフトパワーの資源を毀損したのだ。「誰の物語を信じるのか」現在の国際社会で争われているのはこれである。

この信憑性を高めるために最も重要なのが、被害者であるか加害者であるかという立場の取り方で、当然の事ながら被害者の告発は信憑性が高いと受取られる。そして次に重要なのが情報の透明性の確保である。情報の不確かな中古車は値切られやすいが、情報を公開した中古車は少なくとも真価で売ることができる。

中国はチベット問題の対応をこの二つの点で誤った。彼らは加害者となり、報道規制により情報の操作を行なおうとした。しかしその結果先進諸国に有効なカードを与えてしまった。先進諸国の人権尊重というロイヤルストレートフラッシュと中国の排他的愛国心というハッタリが対峙したが中国に勝ち目はなく、北京オリンピックを目前にしてこの誤りは決定的に見えた。

今回の四川大地震で中国は情報を公開し、被害の大きさを世界に発信している。今や彼らは被害者であると同時に情報の公開者である。中国メディアは温家宝首相が被災地を回り涙する姿を報じているという。しかし人間の涙は悲しい時にだけ流されるのではない。私達はそのことを忘れずに、この悲惨なニュースに接する方が賢明だろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-05-17 12:12 | 憲法・政治哲学
2008年 05月 15日
バス
e0130549_1423428.jpg私の暮らしている千葉県市川市ではバスの料金は降車の時に払う。距離に応じた料金となるため客により金額が異なる。で、どうしても一列に並び一人ずつ料金を払い降りて行くのだが、このとき近年の学生諸君の間では運転手に向かい「ありがとうございました」と言うのが決まり事になっているらしい。

おそらくこれは安全運行に感謝の意思を表明するものであろうが、私にはこれが何か奇異な行為であるように感ぜられてならない。他者に感謝の意思を表明するという行為は美しいかも知れないが、一方でこういった事には内実が伴わない場合、虚礼であるとか、ややもすれば偽善であるという感も全く無しとはいえない。

もっとも学生諸君に悪いところはなく、こういうことは職員会議だか教育委員会だか、はたまた外部の道徳信奉者の団体が提案して授業の一環として教えてきた結果であろう。しかし一般には売り手が礼を言うのが普通で、買い手が礼を言うというのは私達の習慣にはないように思う。

但し私は客が偉いなどと野暮を言うつもりはない。売る側も買う側もお互いの為なのだから、どちらが偉いの偉くないのということはない。つまりは互恵関係なのだから、売る側と買う側が互いに礼を言っても一向差し支えない。

しかしバスの運転手には礼を言わない輩も多い。よしんば言ったとしても「ありゃんした」みたいなもので、客が何人も降りるとなると「ありゃんした、ありゃんした、ありゃんした」となる。そんなものに対して律儀にも「ありがとうございました」などと言うのはどう考えても損をしている。

ならばお前だけ言わなければいいじゃないか、となりそうなものだが、これがそうもいかない。ああして学生諸君の誰も彼もが運転手に礼を述べると、礼を言わない人間は何か恩知らずのようになる。じゃあ私が学生諸君を見習って「ありがとうございました」をやるかといえば、やらない。やれば多勢に屈服したことになる。

ではどうするか。「サンキュー」では軽いし「悪いね」ではタダ乗りしたみたいで駄目だ。「ありゃんした」は美的観点からして好ましくない。そこで私はちょっとだけ手を上げる。これならば学生諸君が見ても屈服したとは映らないだろうし、そういう手の癖だと思ってくれるかも知れない。

by hishikai | 2008-05-15 01:48 | 日常
2008年 05月 13日
奈良
e0130549_0444054.jpg幼い頃、母とよく奈良へ行った。宿は奈良ホテルと決まっている。母はどんな姿であったろうか、青い交織りのツーピースを着ていた事はぼんやりと覚えているが、あとは思い出せない。私はといえばジャケットに半ズボン、革靴を履き帽子をかぶっていた。

奈良ホテルは明治42年創業の総檜御殿造り。玄関ホールの正面に赤い絨毯敷きの階段がある。左はメインダイニングへ続き、右は娯楽室へ続く廊下。正面の階段を上がると二階もやはり赤い絨毯敷きで、古くて軋む廊下が左右へと長く延びている。その廊下を左へ曲がり、右へ曲がり、左へ曲がるといつもの部屋に着く。

高い天井、ほの赤い照明、白い壁のクロース、金色のドアノブ、マントルピース。窓の外には興福寺の塔が黒くそびえる。ホテルの部屋は廊下を挟んで奈良町側にもあるが、母は必ず興福寺の見える北側の部屋を予約する。右手に若草山が控えて、寒い日には山越えの風花が塔へ吹きつける。

冬に東大寺の椿が落ち、早春に新薬師寺の連翹が目に滲みる。初夏に春日大社の藤が揺れ、夏に南円堂の百日紅が蝉の声に佇み、秋に白毫寺の萩が石段に花を散らす。馬酔木の森を抜けて志賀直哉の旧居に感心し、道の傍の敷島パンの看板を珍しい気持で眺める。

夕食はメインダイニングで古風に折上げた格天井の下。白と緑のテーブルクロス。メニューは思い出せない。私はデザートに出されるウエハースの一枚添えてある白いバニラアイスが好きだ。よく冷えた小さな銀の器に水滴が付いて朧なダイニングの灯りに輝く。夜中の寝室は静かで、興福寺の塔もすっかり闇に溶ける。

朝食はフレンチトーストにオレンジジュース。その後は大きな時計のある娯楽室で駒を並べて独り将棋。午前中はティーラウンジの紅茶とケーキでお喋りをする。二人の旅行はこの繰り返し。飽きもせず倦みもせず。「あなた一人で泊りなさい」と母が言い、私は「いやだ」と言う。自分の勇気の無さを恥じた。

母が亡くなってもうすぐ三十年。あれから私は学校を辞め、土方をし、水商売をし、工員をした。もうメインダイニングでの食事の速度では許されなかったが、それもすぐに慣れた。色々の事を覚えて色々な事を忘れた。それでも時々奈良を懐かしく思い出す。「あなた一人で泊りなさい」これはまだ実現しない。

by hishikai | 2008-05-13 01:05 | 文化
2008年 05月 08日
保守主義と自由主義
e0130549_2403757.jpg保守主義と自由主義は「人間理性への不信」に立脚した思想である。社会の複雑は人間の知的能力を超えている、従って現実から隔絶された抽象理論で社会をコントロールすることは不可能であるばかりか有害だと考える点でこの二つの思想は共通する。これらは国制及び経済の分野における経験主義の一形態である。

保守主義は「人間理性への不信」ゆえに、国制の原則は時間の試練に耐え、それゆえに多くの世代の承認を得たと認められる伝統的価値観でなければならず、一つの世代の反省や激情から過去の一切を旧弊と決めつけて全てを新しくやり直そうとする態度を、人間理性の傲慢と考えてこれに反対する。

自由主義は「人間理性への不信」ゆえに、経済の原則は人類が長年に渡り交易を通じて獲得してきた自由市場経済でなければならず、一つの世代の反省や激情から自由市場経済を非人道的な誤りと決めつけて、その運営を人間の考案による富の分配や計画に委ねようとする態度を、人間理性の傲慢と考えてこれに反対する。

この二つの主張を我国の現状にあてはめた場合、保守主義の立場からは、その前文に自国の存立を他国の正義に委ねるが如き自嘲的表現を擁し、国の成り立ちや国柄の一切を排除する現行憲法は過った国制の原則であり、自由主義の立場からは、福祉国家や格差解消のかけ声の下で行なわれる富の再分配政策は、人為的な計画経済に傾斜する過った経済の原則であると捉えられる。

一方で両者の対立点は国家観である。保守主義が国家を生成化育する共同体或いは有機体であると考えるのに対し、自由主義は国家を法執行を通して浮かび上がる強制の機構であると考える。この相違は保守主義が国家を考える時に先ず最初に国家の存在を念頭に置き、やがて社会から個人へと、その思考を全体から部分へと展開してゆくのに対し、自由主義が国家を考える時には、先ず個人を念頭に置き、やがて社会から国家へと、その思考を部分から全体へと展開させるためである。

保守主義と自由主義は経験主義的な思考で共通し、同時に国家観で対立する。しかしながら我国の場合、両者が自らの思想的立場を上述したような「人間理性への不信に立脚した経験主義」と明確に認識しているかといえば、昨今の小泉改革を巡る両者の議論を引き合いに出すまでもなく大いに疑問である。

私見を述べれば、この点に関する限り誤謬は保守主義者を自認する人々の側にある。我国の保守主義者はその農業政策、福祉政策、経済政策の何れを取上げても、つとに社会民主主義的な思考が強く、この事は我国の保守主義が、英国に端を発しR・フッカーからE・バークを経て受け継がれてきたConservatismとは異なる思想であるという現実を私達に教えている。

つまり本来であれば保守主義と自由主義は国家観で対立しながらも、その基底部に於いては経験主義的な思考で共通しているのであるから、この事を我国の事情に当てはめるならば、何よりも先ず戦後思想一般に共通する歴史的経験の蓄積に対する軽視と人間理性への過度の信頼、それに基づく福祉政策に代表される富の再分配政策という人為的な設計主義を批判すべきところを、保守主義の側から提出されるのはあいも変わらぬ「市場原理主義」「弱肉強食」というステレオタイプな自由主義への批判があるのみである。

これは我国の保守主義が、戦前の日本主義の一変形態に過ぎず、常に先の敗戦を起点とする反米感情を思考の軸にしているためで(自由主義が米国の思想であるというのも全くの誤謬であるが)これでは両者が戦後体制に対して、経験主義を共通項とした思想的な共同戦線を張るということは期待できない。仮に我国が本当に戦後体制からの脱却を目指すのであれば、真に為されるべきは、戦後体制とは何かという事を思想的側面から考究した上で、その打破のためにはどのような理論展開が有効であるかを、保守主義者自身が戦略的な見地から考え直す事である。

by hishikai | 2008-05-08 02:51 | 憲法・政治哲学
2008年 05月 01日
自助の修正
e0130549_23392956.jpg社会保険制度の基本的な財源調達方法には「三者拠出方式」と呼ばれる三つのルートがある。(1)賃金所得を原泉とした被保険者の負担する拠出金。(2)租税を原泉とする国庫による負担。(3)利潤を原泉とした雇主が負担する拠出金。

ここでの各財源の性格を比較した場合(1)は「自助の原理」に基づく自己負担(2)は「生存権」に基づく公的扶養である。一方(3)雇主も拠出金を負担しなければならない理由とは何であろうか。これにつき元中央大学教授・工藤恒夫氏が次のように説明している。

資本主義社会の下での労働者は、生きることを断念しない限り、自分が所有する労働力を、雇主に商品として売り続け、その労働過程で消耗した労働力を日々の生活過程で、回復させ維持していかなければならない。これを労働力の再生産という。そしてこの労働者本人と家族の生涯にわたる労働力の再生産費が賃金の本質である。しかし賃金にはこれが含まれておらず、雇主はこれを利潤として取得している。したがって雇主は社会保険に一定の金銭を拠出をしなければならない。これは資本主義の「自助の原理」とは正反対の「社会的扶養の原理」である。(資本制社会保障の一般理論/工藤恒夫)

社会保険制度が19世紀からの社会主義思想と労働運動の結果であるという歴史的経緯を考えれば、ここにある思想傾向も頷けるところだ。このような雇主負担に対する根拠付けにこそ、社会保険という制度の持つ思想が最もよく透け出している。

そしてこの思想の制度化を後押ししたのが第一次世界大戦とその後の世界大恐慌という二重の荒廃からの教訓である。現在の社会保険制度の原型であるイギリスのベヴァリッジ・プラン(1942年)とフランスのラロック・プラン(1944年)が第二次世界大戦の最中に、既に戦後世界を見据える形で制定されているのは、先の二重の荒廃からの教訓を反映しているためである。

しかしグローバリゼーションと経済の相互依存は19世紀に既に急速に展開していた、今日まで続くその長期的な潮流を妨げたのが、20世紀前半に起こった二つの世界大戦と世界大恐慌だったと考える方が事実に近い。

産業革命に伴う19世紀の自由主義経済の繁栄と、21世紀のグローバルな経済体制を直線で結んだとき、20世紀前半の二つの世界大戦と世界大恐慌により疲弊した期間は、むしろ「例外的な期間」であったということだ。そのような「例外的な期間」に対する教訓を基礎とする社会保険制度は、現在その歴史的役割をあらためて問い直されなければならない。

A・スミスの「見えざる手」から、国家による「見える手」への経済原則の変更が誤りであったことは、ケインズ主義の失敗とソビエト連邦の崩壊とにより証明されたはずである。国家の役割は公共財の提供と選択肢の確保だけだ。いつまでもぬるま湯のような受益に取りすがってはいけない。「自助の修正」を続ければ、その終着駅に待っているのは福祉国家という全体主義国家なのだ。

by hishikai | 2008-05-01 00:29 | 憲法・政治哲学