<   2008年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2008年 06月 30日
愛国心
e0130549_16414461.jpg自分の国を愛するのに、何か勿体ぶった理由を持ち出す連中には、単なる偏狭な国粋的自己満足しかないことが往々にしてある。こういう連中の最悪の手合いは、日本そのものを愛するのではなくて、自分の解釈する日本、自分の日本観を愛しているにすぎぬのである。

もし日本を偉大な帝国であるがゆえに愛すれば、海外統治がいかに大成功であるかに得意の鼻をうごめかしかねない。しかし、もし日本を一つの民族として愛すれば、どんな事件にぶつかろうとも少しも動じることはない。たとえ外国人に征服されたとしたところで、日本が民族であることに変わりはないからだ。

ここまでの文章はG・K・チェスタトンの『正統とは何か』の一部を抜き出して、イギリスを日本に、インド征服を海外統治に、インド人を外国人に置き換えてみたものだ。どうだろうか。ここ十数年、我国で保守的言論に対する世間の理解が得やすくなった一方で、このような愛国心の表明はむしろ少なくなったのではないか。

仮に愛国心を外圧により生ずる外発的愛国心と内観により生ずる内発的愛国心とに分けて考えれば、近年多く聞かれる愛国的言論の圧倒的多数が外発的愛国心によるものであることに気が付く。しかし外発的愛国心が情勢への憤りを動機としているために、威勢のよい割に長続きしないことは頭の隅に入れておいた方がよい。

以前にもポーツマス条約や排日移民法といった外圧のあるたびに世論は沸騰し愛国心を叫ぶ声は大きくなったが、それらは常に反作用を帯同していたのである。その際たるものが戦後平和主義という他力本願の平和論への掌を返したような転落である。現在でも万々が一中国や朝鮮半島の問題が解決した時に、その気紛れな歴史が甦らないということがあろうか。

「日本を一つの民族として愛すれば、どんな事件にぶつかろうとも少しも動じることはない」私達はこの基礎の上に立たねばならない。外圧を動機とするのではなく、また何かを誇るのでもない。唯々自らの原初のこととして、日本が日本であるゆえに日本そのものを愛する心を求めねばならない。明日を思う代わりに永遠を思わねばならない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-06-30 17:19 | 日常
2008年 06月 26日
らしからぬもの
e0130549_617452.jpg私が幼い頃の大人達は何かというと戦争中の思い出話しをしていた。そこでは偶々近くに落下してきたアメリカ軍の物資を開けてみたらコーヒーが入っていたとか、アメリカ軍のパイロットは撃墜されたら海の上でフィッシングをしながら味方の救出を待つのだというようなことがまことしやかに語られていた。

幼かった私はそれらの話を聞くたびに、塹壕の中でよれよれの軍服を着た祖父や、疎開先でグラマンの機銃掃射に追い回された父の姿を想像して、そこに居合わせなかった自分を何か不甲斐ない者のように思った。そして気が付けば、大人達の話はいつでも「それじゃあ勝てっこない」の決り文句で大円団となった。

今振り返ると、この話はいつも日本軍と連合軍の圧倒的な物量の差を引き合いに出して、だから「勝てっこない」という仕組みになっていたようだが、それでも「勝てっこない」という大人達の決り文句には、物量の差だけでは言い尽くされない、その時代を生きた当事者達としてのもう一層下の心理もあったように思う。

例えば泉鏡花の『凱旋祭』という小説を引いてみる。これは日清戦勝に酔う人々を批判的に描写した作品だが、ここにあるのは全てを「力」へと換算する西欧的世界観の居心地の悪さと、それに提灯行列やグロテスクな観世物で迎合する大衆、その日本人「らしからぬもの」に対する鏡花の嫌悪である。

この感情が独り鏡花だけにあるのではなく、大衆一般の心にも眠っていたであろうことは想像に難くない。しかしこれを明確に認識し得たのは鏡花が世馴れぬ耽美主義者だったからで、普通の人々にしてみれば、居心地の悪さを意識の表面に上らせることは、インドや中国と同じ運命を自らに引き寄せてしまうに等しいことだった。

日本人にとっての近代とは、そういう心の働かせ方のことだったから、日本人は日清日露を日本人「らしからぬもの」となって戦ってきた。ところが大東亜戦争の相手はどうだ。密林にコーヒーを持込み、撃墜されてフィッシングをやる。彼らは彼らのままで戦っている。それは「らしいもの」と「らしからぬもの」の戦いだった。

その光景に日本人はアジアにとっての近代を見た。「らしからぬもの」に成り切ってこそ達成されると信じてきた近代という難事業は、実は「らしからぬもの」に成り切ってしまうような人間達には達成し得ない難事業だった。変装者に近代の所有権が譲渡されることは永遠にない。そう宣言されたのも同じだった。その戸惑いが当時の大人達をして「それじゃあ勝てっこない」と言わせたのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-06-26 06:23 | 文化
2008年 06月 20日
大虚構
e0130549_1037778.jpg三島由紀夫の割腹自決に接した司馬遼太郎は昭和45年11月に「異常な三島事件に接して─文学論的なその死」と題する短文を著わす。司馬は執筆の動機を「彼の死の薄汚れた模倣をするものが出るのではないかということを恐れ、ただそれだけの理由のために書く」として、その内容を次のように続ける。

「思想というものは、本来、大虚構であることを我々は知るべきである。思想は思想自体として存在し、思想自体にして高度の論理的結晶化をとげるところに思想の栄光があり、現実とは何のかかわりもなく、現実とかかわりがないというところにくりかえしていう思想の栄光がある」(異常な三島事件に接して/司馬遼太郎)

司馬遼太郎は動機で模倣者の出現を恐れ、内容で思想の現実化を求める行動者を戒めている。だがよく考えてみて欲しい。模倣者には思想などない。模倣者は思想なき模倣をするために模倣者なのだ。本当に模倣者の出現を恐れるのであれば、思想は大虚構であるなどと言う必要は全くない。

動機は嘘だ。文意を通せばこうなる。「思想を現実化しようとする行動者が(再び)出るのではないかということを恐れ、ただそれだけの理由のために書く。思想というものは、本来、大虚構であることを我々は知るべきである」

だが法や制度を始め私達の身の回りにあるもので思想を持たないものはない。近代文明とは思想を現実化しようとする運動なのだ。この頑迷な老人がそれを否定するのは、つまりこう言いたいのだ。日本人が思想などを考えると碌なことはない、もう懲り懲りだと。戦後はこういう臆病な現実主義を「常識」と呼んで持て囃してきた。

しかし曾ての日本には理想主義があった。夏目漱石は大正2年12月の「独立と模倣」と題する講演の中で乃木希典の殉死に触れて言う。我国で尊ばれるべきは人間のインデペンデントである、そのために深い思想を持たねばならぬ、その思想の発露たる行為が人に感銘を与えればそれは成功であると。

「あの乃木さんの死というものは至誠より出たものである。けれども一部には悪い結果が出た。それを真似して死ぬ奴が大変出た。(中略)そういう奴が出たのは仮に悪いとしても、乃木さんは決して不成功ではない。結果には多少悪いところがあっても、乃木さんの行為の至誠であるということはあなた方を感動せしめる。それが私には成功だと認められる」(独立と模倣/夏目漱石)

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-06-20 13:25 | 文化
2008年 06月 18日
江戸邦楽
e0130549_13554871.jpg近頃では三味線といえば津軽三味線かサンシンと相場が決まっていて「三味線弾けますか」「はあ、多少は」「津軽ですか」「いや、津軽ではありません」「それじゃあ、沖縄のサンシンですな」と本州の北端から一っ飛びに南洋の楽園へ辿り着くことが多い。

別に津軽三味線やサンシンが嫌いというのではないし、話の相手が青森や沖縄の人ならいざ知らず、関東の人にしてそれだから困る。「むむ、すると小唄か都々逸ですか。粋ですなあ」とどうしてこうならないのかと、全くの拍子抜けで寂しいような心持さえする。

もっとも万事がそうであるように、こんなことにも理由はあるだろうし、思えば青森や沖縄の芸能がかつては低い地位に甘んじていたのを、関係者のご努力により回復されたところにもってきて、ジャズやロックの演奏家との「コラボレーション」がそれまで邦楽に縁遠かった人たちに、その面白さを教えたためでもあろう。

してみると江戸邦楽の認知度の低迷は、関係者の努力不足に原因が求められそうだが、とかく江戸や京都といった都会の音曲はその静けさに生命線があり、これが「コラボレーション」をして出来ないこともないが、そのことの意味はさして大きくないように思われる。

例えば小唄は引き算で出来ていて、これらは音数を少なく絞り込んで、その果てにある余白を聞かせる音楽であるために、これが和音で構成された西洋音楽に合わせて足し算を繰り返すことは、その静けさを深めるのに一向役立たないばかりか、むしろ下世話で安っぽくなるように思う。

こう言ってしまえば結局は聞く人がこれらの美しさを理解してくれるのを待つしかないようだが、なんとも仕方のないことかも知れない。そういえば小唄と似た音曲で歌澤というものがあり、これは常磐津も清元もやり尽くした人の選ぶ江戸邦楽のいわば桃源郷のようなものであるといわれる。

興味のある方は、このような極致から逆コースで鑑賞してみるのも刺激的で面白いかも知れない。ただこれは不思議に思うのだが、歌澤を嗜む方にはなぜか眉目秀麗な御婦人が多い。そのために私などは御尊顔を拝し奉っているばかりで、ともすると芸の鑑賞は上の空になりがちである。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-06-18 14:22 | 文化
2008年 06月 16日
十字架
e0130549_1831642.jpg私は戦争を知らない。だから昭和二十年八月十五日を境として、生き残った多くの日本人が戦後体制の建設を是認するに至るその転向の経緯、その内的な葛藤がどのようなものであったかということについては、今に遺された言葉を組み立たててみるより他に手段を知らない。

文芸評論家の古林尚は、自らを意識的に戦前から切断したのだと言う。古林は自身が海軍の生き残りであることから、同輩の死と自分の生を分かつものが偶然だったとすれば、戦後とは偶然に生き残った者の体制ではないか、そういう空白感に襲われながらも、やはり当時の若者は戦前との意識的な切断を考えたはずだと言う。そして三島由紀夫にはそれがない、だから「わからない」と言う。

この言葉を受けて三島由紀夫は「古林さん。わからないと仰っちゃいけないんじゃないでしょうか」と前置きをしてこう言葉を継ぐ。「自分が十代までに考えたことが『いかん』ということは自分に許せない、そういう気持が自分の中のどこかにあった。それが無い人は僕にはわからない。そう言い切れる」と。

古林はこれを口籠った様子で受け止めながら、三島自身の考えは別として、盾の会のような活動は日本の再軍備、徴兵制の復活を目指す人達に利用されるのではないかと言い、これに三島は一応の理解を示しながらも、自分は反政治主義者である、自民党や共産党のような偽善者に利用されることはないと断言し、重ねて周囲の思惑を説く古林の言葉を「まあ、見ていて下さい」の一言で遮っている。

この対談の七日後、三島由紀夫は割腹して果てる。戦後の空白を感じながらも、なお戦後に与した古林尚はこの訃報をどう受け止めたであろう。海軍の籍にあって飛び立つ同輩を見送りながら、いま再び戦中を知る人の死を見送ったのだ。時間は彼一人を残して引き潮のように切断したはずの過去へと流れたのではないか。

矛盾を矛盾として認めた古林尚の態度は、戦後の人として強いものであったのかも知れない。G・Kチェスタトンは十字架を縦棒と横棒の交差する矛盾の象徴だと言ったが、まさにその意味で古林の戦後は切断と空白の交差する十字架であったようだ。あるいは彼が三島由紀夫との対談で受取ったものは、三島由紀夫の最後の言葉ではなく、古林尚自身の十字架だったのかも知れない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-06-16 18:45 | 文化
2008年 06月 13日
生きる意味
e0130549_14163774.jpg成功者への憧れというのは人間の自然な感情だろうし自由経済体制にとっては必要欠くべからざる心的動機といったものであろうが、これが一人の人間の心の中で、自然の楽しみ方であるとか、文化的風雅だとか、文学的情操といったものと必ずしも上手に併存することがないのは、隠遁文人の生活の教えてきたところである。

自然の楽しみ方ということでいえば、奈良の北畑辺りの崩れた土塀の向こうから、連翹の花の春まだ浅い青空に清々しく咲き上がっているのを眺めるのは、ささやかながらも楽しいものであるが、成功者に憧れてまた自ら成功した人の自然の楽しみ方というものが、日焼けしてマグロ釣りとなってしまうのがそれである。

日本放送協会の『トップランナー』という公開番組で、ゲストに招かれた成功者の思うところや、成功の秘訣などを尋ねる会場の若い人の憧れの眼差しには、人生はレースで人間はランナーであるという考え方の迷うことなき受け入れがあるようで、致し方のないこととはいえ何か胸苦しい。

先日もある方のブログを読んでいて「みんな夢に向かって、一度きりの人生を精一杯生きていて、そこには、いろんな事が待ち構えているけれど、前に前に向かって歩んでいるのだ」という文章があり、殊に「前に前に」と重ねた言葉にこの方の苦しみが著わされているように思えてならなかった。

人間は夢を叶えるために生きている、そういうところに生きる意味があるという考え方は、現在では至極あたりまえのようになっているが、こういうことは今一度考え直してみる必要があると思う。夢や希望の実現を人生の価値の最上位に置くことの危険は、以下のようなナチスの強制収容所の話にも見て取ることができる。

「この収容所は1944年のクリスマスと1945年の新年のあいだの週に、かつてないほど大量の死者を出したのだ。これは医長の見解によると、過酷さを増した労働条件からも、悪化した食料事情からも、季候の変化からも、あるいは新たにひろまった伝染病の疾患からも説明がつかない。むしろこの大量死の原因は、多くの被収容者がクリスマスには家に帰れるという、ありきたりの素朴な希望にすがっていたことに求められる」(夜と霧/V・フランクル)

夢や希望の実現を生きる意味と同じに捉える人の、それが不可能と知った時の絶望。その絶望の中で生きる意味を自問する苦しみ。その答が見出せない時の生きる意味の喪失。そして訪れる生命の危機。この一連の過程を考えれば、夢を叶えるための人生が誤りであることが判る。大切なのは生きることそれ自体だ。生きることそれ自体が人間の義務で、義務は果たされなければならないということだ。ビリだって何だって、そんなことは生きることとは何の関係もない。

「私たちが『生きる意味があるか』と問うのは、はじめから誤っているのです。つまり、私たちは、生きる意味を問うてはならないのです。人生こそが問いを出し、私たちに問いを提起しているからです。私たちは問われている存在なのです。私たちは、人生がたえずそのときそのときに出す問い『人生の問い』に答えなければならない、答を出さなければならない存在なのです」(それでも人生にイエスと言う/V・フランクル)

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-06-13 14:25 | 日常
2008年 06月 11日
『ミリンダ王の問い』
e0130549_1142289.jpg今を去ること二千百年の昔、インド大陸の西北ガンダーラからガンジス川支流一帯を治めてバクトリア王国が栄えた。二つの河に挟まれた要衝の地シャーカラを都と定めて、これを望む丘陵に白城を構えて王宮とする。このとき王の名はミリンダ。第四代の王にしてギリシャの人、武勇と学識に優れて並ぶ者なき最上者である。

ある日の夕暮、王は五百の家臣らと共に車を連ねて白城を発し、サンケッヤという寺を訪う。それは先頃一人の尊い仏僧にして長老がここに寄宿したことを王が知ったからである。一行が寺に到着する頃には早や日も暮れて伽藍は暗夜に没し、ただ一条の篝火が出迎える長老と八千の比丘衆の影を敷石に長く揺らめかすばかりである。

王問うて曰く
「尊者よ、あなたは何者ですか」
「大王よ、私はナーガセーナとして知られています。比丘衆は私をナーガセーナと呼んでいます。しかしながら大王よ、これは名前に過ぎず、そこに人格的主体は存在しないのです」
「御参集の各位、五百のギリシャ人と八千の比丘衆よ、これなる人物ナーガセーナは『人格的主体は存在せぬ』などと申しますぞ。はたして是認してよかろうか」
王は向きなおり、再び問う
「尊者よ、もし人格的主体が認められぬとするならば、あなたに資物を寄進する者は誰ですか。それを受取る者は誰ですか。修行に励む者は誰ですか。尊者よ、もしそうであるならば、あなたを殺す者に殺人の罪はないのです。尊者よ、『ナーガセーナ』と呼ばれるものは何ですか。あなたの頭髪がナーガセーナなのですか」
「大王よ、そうではありませぬ」
「尊者よ、ではあなたの爪が、歯が、皮膚が、肉が、筋が、骨が、骨髄が、心臓が、汗が、脂肪が、涙が、唾液が、鼻汁が、小便が、頭蓋の中の脳髄がナーガセーナなのですか」
「大王よ、そうではありませぬ」
「そうではなくてと、では尊者よ、様態、感受、知覚、表象、認識の総体がナーガセーナなのですか」
「大王よ、そうではありませぬ」
「尊者よ、私はあなたに問いを重ねつつ、ナーガセーナの何たるかをいっかな合点できませぬ。ナーガセーナとは単なる名辞に尽きるのか。それにしてもこの際ナーガセーナとは何者か。尊者よ、あなたは事実無根の虚言をなされますぞ。『ナーガセーナは存在せぬ』などと」
ナーガセーナ問うて曰く
「大王よ、もしやあなたが車でおいでになりましたのなら、それがしに車の何たるかを述べて下さいませ。大王よ、轅が車でしょうか」
「いや、尊者よ、そうではありませぬ」
「大王よ、では車軸が、車輪が、車室が、車台が、軛が、軛綱が、鞭打ち棒が車なのですか」
「いや、尊者よ、そうではありませぬ」
「そうではなくてと、ではそれら各部分とは別に車があるというわけですか」
「いや、尊者よ、そうではありませぬ」
「大王よ、私はあなたに問いを重ねつつ、車の何たるかをいっかな合点できませぬ。車とは単なる名辞に尽きるのか。それにしてもこの際車とは何たるか。大王よ、あなたは事実無根の虚言をなされますぞ。『車は存在せぬ』などと」
「御参集の各位、五百のギリシャ人と八千の比丘衆よ、これなる人物ミリンダ王は『車は存在せぬ』などと申しますぞ。はたして是認してよかろうか」
「尊者よ、それがしはうそ偽りをしゃべってはおりませぬ。車とは轅、車軸、車輪、車室、車台に依存して、名のみのものとして成立するのでございます」
「よくこそ申された、大王よ、あなたは車の何たるかをお解りでいらっしゃる。それと全く同様でございます。大王よ、それがしにつきましても『ナーガセーナ』とは頭髪、爪、歯、皮膚、肉、筋などの各部位に依存し、様態、感受、知覚、表象、認識に依存して、名のみのものとして成立する一方で『人格的主体は存在せぬ』という次第であります」

『ミリンダ王の問い』(那先比丘経)より
参考文献:ミリンダ王/森祖道・浪花宣明 三島由紀夫が復活する/小室直樹

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-06-11 11:33 | 資料
2008年 06月 05日
『YASUKUNI』
e0130549_3331365.jpg映画『YASUKUNI』を観た。本作品の上映は中国人の李監督から日本人へ、取分け靖国神社に肯定的な人々との歴史認識のギャップに対する問いかけである。ナレーションが無く沈黙の多い作品で一見して意図が掴みづらいが、製作者が自らの仮説を作品に託して、これを上映することで問いを発していると考えて良いと思う。

ではこの仮説の構造はどうなっているのか。まず日本軍によるアジア諸国への侵略があり、この中に数々の蛮行がある。この蛮行を無感覚に、時に誇らしげに行なわせしめた思想的背景に、自ら死と隣合せであるばかりか、他者にも死と隣合せであることを強要する日本軍国主義があり、その精神的な核として武士道がある。靖国刀として登場する日本刀は武士道を象徴している。そして靖国神社は現在に至るまでノスタルジックに軍国主義を擁護する揺籃であり、示威的な行為によって他者を排除する舞台である。

私は李監督の仮説を以上のように解釈した上で、これは肝心のところで誤りであると言いたい。武士道は軍国主義の精神的な核ではない。武士道を構成する心的要素は、自負、責任、不抜である。このうち不抜が最も特徴的で、かつての武士はこれにより自己の倫理と組織の倫理を区別したのだ。

これはたとえ主君の命令であろうとも自己の倫理の変節を拒否し、却って諌言諌死しようとする心性である。「奉公人の打留めは浪人切腹に極まりたる」と葉隠に謂うが、このエゴイスティックなまでの頑なさが本来の武士道の大きな特徴で、儒教倫理の影響が濃い江戸中期以降の組織適応型の武士道は、正確には士道という。

対して日本の軍国主義は近代の産物である。社会を人智により設計しようとする社会主義的な革新官僚と、高度国防国家に傾倒する統制派将校の思惑が一致したところに現出したファシズムで、1937年以降に確立された社会体制を指す。これが士道の流れを汲む明治武士道の衣を着ているので見分けづらいのだ。

李監督の仮説はアメリカ軍が占領政策として行なった剣劇や剣道の禁止と同じ視点で構築されている。戦後60年以上が経過し、李監督も日本に住んで長いと聞くが、なぜこのような見方しか出てこないのであろうか。なぜ日本社会を普通に見渡すことよりも、迷信染みた思い込みを優先させようとするのであろうか。今更グロテスクに過ぎないか。

もっともこの作品には私たちの戒めとなるべき映像も多く収められている。ここに映し出される排他的な言動の数々に「よもの海 みなはらからと思ふ世に」と詠まれた明治天皇の大御心を重ねてみるとき、先の大戦の怨讐や周辺国の中傷への反発を契機とした愛国心が、日本近代を生きてきた人々の理想にどこまで沿うことができるのかということを、あらためて考え直してみる切っ掛けとすることができる。その意味で、この『YASUKUNI』は多くの日本人に観てもらいたい作品のひとつである。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-06-05 04:08 | 文化
2008年 06月 03日
憲法の描いた戯画
e0130549_1345195.jpg自衛隊の基地建設のために保安林の指定を解除することの合憲性を争ったいわゆる「長沼ナイキ基地訴訟」の第一審判決が下されたのは1973年9月7日の札幌地裁に於いてであった。この中で札幌地裁は我国の戦力保持の可否について以下のような判断を示している。

まず憲法の前文から「わが国が、その侵略の危険にさらされるといつた事態が生じたときにも、わが国みずからが軍備を保持して、再度、武力をもつて相戦うことを容認するような思想は、まつたく見出すことはできない」として、法源である前文に武力の行使が想定されていないことを指摘。

次いで第九条に触れ、我国は「いつさいの『戦力』を保持しないとされる以上、軍隊、その他の戦力による自衛戦争、制裁戦争も、事実上おこなうことが不可能となつたものである」として、現行憲法下に於いて一切の戦力保持と武力行使は違法との認識を示す。

したがって自衛隊は「憲法第九条第二項によつてその保持を禁ぜられている『陸海空軍』という『戦力』に該当するものといわなければならない。そしてこのような各自衛隊の組織、編成、装備、行動などを規定している防衛庁設置法、自衛隊法その他これに関連する法規は、いずれも同様に、憲法の右条項に違反し、憲法第九八条によりその効力を有しえないもの」とする。

しかしながら自衛権については「現行憲法が、以上のように、その前文および第九条において、いつさいの戦力および軍備をもつことを禁止したとしても、このことは、わが国が、独立の主権国として、その固有の自衛権自体までも放棄したものと解すべきでないことは当然である」とこれを認める。

この自衛権がどのように行使されるのかについては「危急の侵害に対し、本来国内の治安維持を目的とする警察をもつてこれを排除する方法、民衆が武器をもつて抵抗する群民蜂起の方法もあり(中略)また国民の英知と努力によつてよりいつそう数多くの種類と方法が見出されていくべきものである」とこれを説明する。

群民蜂起。サラリーマンや主婦がカッターや包丁を手に、農家のおじさんやおばさんがトラクターで戦車に立ち向かう姿を想像すると失笑を禁じ得ない。これは全くの戯画である。しかしこの裁判官は狂っていない。狂った憲法を正常に解釈しているに過ぎないのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-06-03 13:26 | 憲法・政治哲学