<   2008年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2008年 07月 10日
夏の食事
e0130549_12188.jpg食事は風情で食う。そう決めても良いのだ。一年中同じものを食っている昨今のグルメブームは冷房設備の普及に負うところが大きく、機械の力で食っているに等しい。だが昔は季節のままに暮らしたので、殊に夏などは風情の力で食わねば遣り切れない。現代人は唯物主義的に食うが、昔の人は唯美主義的に食った。

「夕顔や一丁残る夏豆腐」許六の句である。豆腐を冷たい水にひたして皿に盛る。別に葱と青紫蘇と茗荷を細かく刻んで、ここに鰹節をたっぷりかき込んで生醤油とまぜる。これに冷えきった豆腐をつけて食う。薬味の爽やかさと鰹節に滲みた生醤油が口の中に広がり、冷えた豆腐が舌の上をつるりと滑る。これを冷奴という。

あるいはこれを洒落て水貝と呼ぶ人もある。今は聞かない。もとより上等な食い物ではないが、廉くて涼しげだ。浅い煤竹のような鰹節の色に茗荷の蘇芳紫と青紫蘇の若緑が絡み付いて、それらが漆のような生醤油に溶けて豆腐の白い肌を引き立てている。樋口一葉の『にごりゐ』にも青紫蘇の香たかくと書かれていて床しい。

外を黒く、内を鮮やかな朱に塗った漆の重箱に少し硬めに炊いた飯が盛られて、その上に蒸籠で脂を抜いたふかふかの鰻の蒲焼きが乗っている。朱漆と蒲焼きの間から見える飯にも飴色の垂れが万遍なく掛かっている。山椒を振る。箸をつけると鰻の身がさっとほぐれて微かに炭火の香りが上がる。飯と一緒に頬張る。

国学者の齋藤彦麿は著書『神代余波』で鰻の蒲焼きは「一天四海に比類あるべからず」と云う。江戸期に創業した食べ物屋で今に続いている老舗に鰻屋が最も多いことを考えれば、齋藤彦麿の言葉も大袈裟ではない。但し「蒲焼きの匂いを嗅いで飯を食う」と云われたほどに贅沢なのは今も同じで、懐中の涼しい時には難しい。

幼い頃、父に連れられて蕎麦屋に行くときまって冷麦を食う。空色の水盤に水を漲って氷の浮かべてある中に桃色や薄緑色の麺を幾筋か混ぜた白い冷麦を泳がせて、その上に缶詰めの蜜柑と紅い桜ん坊が乗っている。箸を入れると、カランと氷が鳴る。日盛りの往来に眼をやれば人影はない。柳が揺れて風鈴の音がする。蝉が盛んに鳴いている。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-07-10 01:16 | 日常
2008年 07月 08日
「蝶」
e0130549_195571.jpg人の魂が何かに依り憑いて漂うのは夏の趣である。だが蝶となると例えば越中立山の地獄道にある追分地蔵堂で七月十五日に無数の蝶が乱舞するのを「生霊市」と呼んだように、あるいはかつて千葉県の上総地方で蝶を「ぢごくてふてふ」と呼んだように、そこに一種奇怪な動揺が付き纏う。

だがこれが我国の人の土着の感性かといえば、万葉集や古今和歌集に蝶を題材とした和歌が一首もないという岩下均氏の主張が事実ならば、そうではないということになる。蝶を題材としたものは大伴宿禰池主になる漢文を嚆矢として懐風藻や文華秀麗集に散見されるというから、古く蝶は漢詩の題材であったようだ。

この漢詩の美意識が『栄花物語』の法成寺御堂供養の記述にあるように、龍頭鷁首の船上で管弦を奏して迦陵頻と胡蝶楽を舞うという雅楽の美意識を契機として「たゞ極楽もかくこそは」と夢みる王朝人の浄土信仰に重ねられて行った結果、蝶が儚い生と時間の体現者と看做されたのであろう。

このような情景は『源氏物語』の胡蝶の巻にも描かれていて、王朝人の蝶に対する美意識の典型と考えられる一方で、これが冒頭に揚げた奇怪な動揺と異なる印象もあるが、よく両者を重ね合わせて見れば、やはりそこには祖霊を「みたま」として祀った古代とは異なる、漢詩と仏教の輸入で妖しく歪んだ死生観が共通してある。

してみると例えば蛍のそれとは異なり、私達が蝶を精霊の依り代や何かの兆し、あるいは神冥界からの使いと見るときに心の底に蠢く奇怪な動揺は、日本人が辿ってきた文化輸入の足跡を私達が古層で思い出している現れであるとも言えそうである。

そのような事を考えながら、ある蒸し暑い晩にもつ焼き屋で酒を呑んでいたら、開け放った窓から一匹の揚羽蝶が入って来た。それはあたかも尋ね人を探すように、天井に近い空中を場末には勿体ないほどの華やかな羽を広げてふわふわと飛んでいたが、やがて誰かが「帰ってきたな」と呟くとそれを聞き届けたように、もと来た窓から闇の中へと飛び去って行った。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-07-08 16:56 | 文化
2008年 07月 05日
国宝薬師寺展
e0130549_1638189.jpg人と佛は生活で結びついてゐるのである。美術や国宝として存在する以前に、人と生活に結びついてゐた佛を、観光の見世ものとする俗化の張本人はどこにゐたのであらうか。文化とか芸術とかといふ名称をつけることなど問題でない、箱づめにされて博物館へ送られる佛がいたはしいと泣き、あとでそのためのたゝりに恐れたやうな気風も、宮座のさかんな土地には、なほほんの少しだが、心のかげりをなすほどには残ってゐるのである。(奈良てびき/保田與重郎)

上野の国立博物館で開催されていた「国宝薬師寺展」が先月終了した。これは平城遷都一千三百年を記念して開かれた特別展で奈良薬師寺金堂の日光・月光菩薩立像の国宝二体を初めて寺外に公開することをみどころとして、聖観音菩薩立像、慈恩大師像、吉祥天像など仏像絵画の至宝を揃えて70万人もの入場者を集めた。

私とて普段はどこそこの博物館で何々の特別展をやっていると聞けば飛んで行って、芋洗いの芋の一個となり切ってこれを眺めている手合いであるから偉そうなことは言えないが、今回に限っては、いたわしい気がしてならず、終に行かなかった。

両菩薩の側面や背面を常になく見ることができるというのが本展の呼びものとして盛んに宣伝されていたが、こういったことがどれほどの意味を持つのかを、あるいは尻から佛を拝むものがあるだろうかということを、企画する側も見に行く側も今いちど反省という気持の方向から考えてみてはどうだろう。

また一千三百年もの長い間に薬師如来の脇侍として立った両菩薩をただそれだけで展示室に据えるという精神の不均衡はどうであろう。私達はいつの時にそのような資格を得たのだろう。薬師三尊に額ずいて病気平癒を祈った人の歴史を分解してこれを見せる資格を私達はいつの時に得たのだろう。

古い日本の佛が人々を無心や浄土へと導く代わりに、数え切れないほどの辛い記憶を我身に引受けながら微笑されてきたのだとすれば、そこには数え切れないほどの佛の恩に与っている私達の姿があるはずである。だから私達が佛に接するときにボッティチェリやロダンの芸術と同じような態度を持ってするのならば、それはどうしてもすまないことのように思える。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-07-05 16:43 | 文化
2008年 07月 03日
江戸の夏
e0130549_1024593.jpg目には青葉山ほととぎす初鰹

江戸の夏は鰹とほととぎすで始まる。人々の話題もひとしきりこれに集まり、知った顔が道端で会うと「おう、聞いたかい」「むむ、そっちこそ食ったかい」と、こんな挨拶もかわされる。初鰹の値は一ぴき三両はしたというから馬鹿々々しい。これがどこそこへ売れたといえば噂となる。当時は芥子で食べたらしい。

初鰹にわかに安くなるさかな

日を重ねるうちに鰹の値も十分の一となり、やがて二十分の一ほどとなる。とはいえ江戸っ児の体面からして、あまり安いのもいけない。これは相棒のほととぎすも同じことで、山の手あたりでしきりに鳴くようになると、かしまし山のほととぎすなどといって、誰もがきれいさっぱり忘れてしまう。

かんざしで星の名をきく夕涼み

暑さの名残りと暮しのにおいが交差してたちこめる往来も、夕方になると水が打たれて潤いを取り戻す。大人は板の間を拭いた水をまき、子供はたどたどしい手つきで白粉花に水をやる。湯屋から帰って夕飯がすむと、ご近所が縁台に集まって空を見上げる。吉原つなぎの鳶の親方、なるみ絞りのおかみさんの姿もある。

借金をいさぎよくする祭り前

五月の川開きに次いで、六月ともなると江戸は祭に沸き返る。日吉山王、鳥越、浅草の三社権現。中でも将軍家を氏子に持つ山王祭は盛大で、天下祭と異称される。山車が四十五台、神輿の行列その他いろいろで四キロに及ぶ長蛇の列が市中を巡って将軍閲覧となるから大変だ。揃いの衣装やら何やらで借金をする者もある。

弁天は蓮華の中に御宮なり

水の名所は隅田川の他に不忍池があり、ここは紅白の蓮華が美しい。明けるのが早い夏の朝を待切れずに、多くの人が訪れる。蓮華の開く音を聞くのだという。そうした音が本当にするのかは定かでないが、なにしろ早起きは三文の得なのだ。中之島には弁天堂があり、ぐるりを蓮華で埋めて竜宮さながらとなる。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2008-07-03 10:44 | 文化