<   2009年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2009年 02月 06日
平野謙『永井荷風』より
e0130549_0464738.jpg墨東綺譚』については早く佐藤春夫の解題がある。私は昔から文学翫賞家としての佐藤春夫を信頼している。(中略)しかし、佐藤がこのような解説をさらに一般化し、『墨東綺譚』一篇を目して、文学の大道をゆくヒューマニズムのそれとするとき、私は到底その立言をうべなうことができない。(中略)

売笑は堕落でなく、一家の主婦として懶婦、悍婦となることこそ堕落とする荷風固有の倫理観そのものも、私は普遍性を持たぬ固陋の観念にすぎぬと思うものだが、いましばらくそのことは措くとして、そもそもお雪は「所謂良家に主婦たる」ことを希ったのであろうか。荷風も春夫も、そのみやすい一点にかぎって一種の盲点に陥っている。

作者のくりかえすように、大江匡とお雪とはその本名も生い立ちも知らずにはかなく生別したものである。すなわち、お雪は大江を目して、最後まで「淫猥の書画を商う者」と誤認しており、そのような日蔭ものの中年男なればこそ、「おかみさんにしてくれない」と囁く気にもなったのである。

そのお雪は、大江がすでに六十歳に手の届く老人であることさえ、弁えていない。秘密の出版にしたがうような日蔭ものであれば、と思いたったお雪のいじらしい自卑と謙抑の心根をも汲みとらずしてなんのヒューマニズムぞ。

ここに佐藤春夫の盲点があり、『墨東綺譚』全篇の盲点がある。「おかみさんにしてくれない」とさえいえば、懶婦か悍婦たらんと希うものと誤認する根性は、小金持の若旦那が人さえ寄ってくれば金をひきだす算段かと邪推するのと一般ではないか。(中略)

『墨東綺譚』一篇は決してヒューマニズムの文学などと呼ばわるべきものではない。(中略)作者の描きたかったのは、すでに老境にはいったひとりの男が、はからずも娼婦から愛情告白をささやかれる情景に他ならなかった。紙の上でもう一度丹次郎になってみたかったのだ。(永井荷風/平野謙)

※丹次郎 為永春水による人情本『春色梅児誉美』に登場する唐琴屋の丹次郎のこと。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-02-06 00:48 | 文学
2009年 02月 04日
佐藤春夫『荷風先生の文学』より
e0130549_13381390.jpg社会的虚偽に対する義憤、本然の人間性の愛惜追求、思うにこの精神こそ真のヒューマニズムで、文学の大道であろう。荷風先生はその陋巷趣味にも拘らず、文学の世界では久しくこの大道を闊歩しつづけた。だが先生の文学をいう者も多くは先生の高雅哀艶な装飾的部分を先ず注目して、遂に皮相だけしか吟味しなかった。

墨東綺譚』の主人公、大江匡は既にお雪が風姿の可憐を認め、その性情の美の共に人情を語るに足るのを知って三月ばかりも通っている。普通ならば箕帚を把らせるべきところを、大江はこは一大事とこそこそとお雪から遠退いてしまう。その理由は何か。ここにこそこの篇の題目がある。

それは大江匡がお雪を真に愛していたからである。誤って彼女を良家の婦にすることによって「一変して救うべからざる懶婦となるか、しからざれば制御しがたい悍婦になる」のを惧れたのである。これは大江の過去が彼に教えた分別であった。

大江は、その處を得て快活な性質のままに陋巷に売色の生涯を送っているお雪を真心から愛している故に、彼女を堕落させるに忍びなかったのである。(荷風先生の倫理を以てすれば陋巷に笑を売ることは堕落ではなくて、真の堕落は懶婦となり悍婦となって所謂良家に主婦たるにある一事を此際忘れてはなるまい。)

乃ち大江匡は自己の所信によって、自ら彼女を失う苦痛に堪えて彼女から遠ざかる決心をした──殉教者の如くにである。然も真に彼女を愛するが故に彼女の願望を拒む所以を彼女に会得させる術を見出さない。この思想上の隔絶が一段と悲痛である。

年齢の相違、境遇の相違、そうして最後に思想の相違とこう重ね重ね自覚しては、大江は疑うまでもなく、まのあたりにお雪を見ながらお雪とは別の星に住む思いから別の生物のような感じにまで達したに相違ない。このさびしさの訴えは慣用に従った抒情などといういう言葉では済まされまい。(荷風先生の文学/佐藤春夫)

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-02-04 13:41 | 文学
2009年 02月 02日
永井荷風『墨東綺譚』抄
e0130549_120578.jpg窓のすぐ下は日蔽の葭簀に遮られているが、溝の向側に並んだ家の二階と、窓口に坐っている女の顔、往ったり来たりする人影、路地一帯の光景は案外遠くの方まで見通すことができる。屋根の上の空は鉛色に重く垂下って、星も見えず、表通のネオンサインに半空までも薄赤く染められているのが、蒸暑い夜を一層蒸暑くしている。

お雪は座布団を取って窓の敷居に載せ、その上に腰をかけて、しばらく空の方を見ていたが、「ねえ、あなた」と突然わたくしの手を握り、「わたし、借金を返しちまったら。あなた、おかみさんにしてくれない。」「おれみたようなもの。仕様がないじゃないか。」「ハスになる資格がないって云うの。」「食べさせることができなかったら資格がないね。」

お雪は何とも言わず、路地のはずれに聞え出したヴィヨロンの唄につれて、鼻唄をうたいかけたので、わたくしは見るともなく顔を見ようとすると、お雪はそれを避けるように急に立上がり、片手を伸して柱につかまり、乗り出すように半身を外へ突出した。

わたくしは、ある時は事情に捉われて、彼女達の望むがまま家に納れて箕帚を把らせたこともあったが、しかしそれは皆失敗に終った。彼女達は一たびその境遇を替え、その身を卑しいものではないと思うようになれば、一変して救うべからざる懶婦となるか、しからざれば制御しがたい悍婦になってしまうからであった。

お雪はいつとはなく、わたくしの力によって、境遇を一変させようという心を起している。懶婦か悍婦かになろうとしている。(中略)しかし今、これを説いてもお雪には決して分ろうはずがない。

物に追われるようなこの心持は、折から急に吹出した風が表通から路地に流れ込み、あちらこちらへ突当った末、小さな窓から家の内まで入って来て、鈴のついた納簾の紐をゆする。その音につれてひとしお深くなったように思われた。(墨東綺譚/永井荷風)抄

※ハス ハズバンドの略 ※箕帚を把らせた 妻や妾にした ※懶婦 なまけ者の女 ※悍婦 気性の荒い女

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-02-02 12:08 | 資料