<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2009年 07月 30日
フランスとロシアの蜜月
e0130549_14222570.jpg1871年のプロイセン=フランス戦争で、フランスが敗北したことによるアルザス・ロレーヌ地方の新生ドイツ帝国への併合はフランス人に深い怨讐をもたらした。ドイツの宰相ビスマルクはこれを憂慮し、モロッコなど北アフリカにあるフランスの権益を最大限に尊重するよう在外大使に訓令を発して、フランスに友好的な外交を展開する。

だが政治家や資本家はともあれフランス民衆の怨讐は癒されることなく、むしろバルカン半島で同じくドイツの圧迫を感じるスラブ人への同情を誘引し、遂にはフランスとロシア相互の親密な感情を醸成するに至る。このドイツを東西から挟み込む感情は、やがて第一次世界大戦での同盟関係に決定的な影響を与えることとなるが、この時はまだ知られていない。

反ドイツ感情と結果としての親ロシア感情。それらは1880年代後半の世紀末的な頽廃美に耽溺するパリにあっても、なおその底辺で敗戦の屈辱を晴らそうとする愛国的オペラの一幕を演じていた。アルザスの首府ストラスブール奪回を明確に打ち出さない政策は民衆にとって大逆罪であったし、観衆は『ローエングリン』の舞台に盛んな野次を浴びせていた。

その頃パリのアカデミー・ジュリアンに通う孤独で貧しい28才のスラブ人画学生アルフォンス・ミュシャは、ミュンヘンの美術学校から一緒に学んできたロシア人画学生ヴィドホプと共に、将来の不安に満ちた生活と、希望に満ちているであろう仕事について、うまく折合いをつけられるよう話し合いながら、サン・ミッシェル通りの人込みの中を歩いていた。

いろいろな計画について盛んに議論していたが、その時ふとヴィドホプの赤い刺繍のたくさんついたシャツに私の目がとまった。「おい、ヴィドホプ、素敵なシャツを着てるじゃないか!一晩中でも褒めたいよ」。するとヴィドホプはその場に立ち止まり、本を私の手に押し付け、何が何だかわからないうちに上着とベストをもぎ取り、シャツを頭の上に引っ張っていた。大勢の人が私たちのまわりに集まり、喧嘩を期待しているようだった。しかし半裸の学生がシャツを手渡して「気に入ったかい?じゃあ、取っておけよ!」と言うと、彼らは拍手と声援を送り始め、騒ぎはとうとう本物のデモになってしまった。「ロシア万歳! ロシア人万歳!」私たちのまわりの騒ぎは橋の方まで広がり、すっかり興奮したヴィドホプは上半身裸で私の横を歩いていた。

(ジリ・ミュシャ著/『アルフォンス・マリア・ミュシャ ── 生涯と芸術』より)

それは成島柳北がパリを訪れ、ともに幕末動乱を戦ったシャノワヌ大尉と再会して明治日本の江戸故旧に冷淡であることを嘆いた十五年後、日本で二葉亭四迷が『あひびき』を連載し、枢密院で大日本帝国憲法草案の審議が始った1888年のことであった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『四つの星』より〈宵の明星〉A・ミュシャ 1902年

by hishikai | 2009-07-30 14:24 | 第一次世界大戦
2009年 07月 28日
政府の役割
e0130549_2204737.jpg政府の役割は公園のベンチを作ることである。公園のベンチは誰もが使えるという意味で一般的で、特定の人々を対象にしていないという意味で公平で、誰もが事前に使い方を知っているという意味で公正である。公園を散策する人はどのように歩こうと自由で、誰でもベンチを利用することができる。

その人が有徳の士であろうと不徳の士であろうと、有能の人であろうと無能の人であろうと、全体主義者であろうと個人主義者であろうと、異性愛者であろうと同性愛者であろうと、ベンチはそれらを一切考慮しない。それは選挙の票が誰でも一人一票であるように、ベンチにとって個人は匿名の中の一人である。

その人が男性であろうと女性であろうと、老人であろうと若者であろうと、子供がいようと子供がいなくとも、会社員であろうと農家であろうと、ベンチはそれらをあらかじめ考慮しない。それは全てのプロレタリアートが善人であると予め思い込むことの失敗を繰り返さないのと同じく、例えば全ての老人が貧しいと予め思い込むことをやめている。

その人が法律に精通していようと精通していなかろうと、組織の仕組みをよく知っていようと知っていなかろうと、団体に所属していようと所属していなかろうと、政治家に知り合いがいようと知り合いがいなかろうと、ベンチの使い方はただ腰掛けるだけである。その使用方法は簡素であるために誰でも前もって知っている。

そのような公園のベンチは公共財の典型である。公共財といえば道路や空港を考えがちだが、しかし公のものごとは法律が制定されて始めて具体的な制度となり設備となるために、公共財の第一は法律である。そして法律の性格を決定するのは、投票者と議員の立法に対する考え方である。

どこにどのくらいの格差があり、誰がどのくらい困っていて、誰が何を望んでいるかを調査し、逐一これに対応するように法律を制定するならば、当然の事ながら、そこには巨大な官僚機構が必要となる。そして彼らは莫大なコストをかけて、膨大な種類のベンチを作り、誰がどのベンチに座るべきかを命令する。

それは投票者が政府による生活への子細な助力を望み、そのような公約をかかげる候補者を選び、選ばれた議員が手に余る細目を官僚に委ねてしまうことの当然の結果である。多くの法律に見られる「何々条の何々の細目については、政令でこれを定める」という「立法の委任」が、官僚に大きな権限を与えている。

だから私たちが本当に官僚主導の国の仕組みを打破したいのであれば、まず私たち自身が自分のことは自分でしようと決心し、政府による生活への子細な助力を望むことをやめ、公園のベンチのように簡素ではあるが、特定の人々をターゲットにしたのではない、一般的で公平かつ公正な法律の制定を望むことである。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-07-28 22:07 | 憲法・政治哲学
2009年 07月 23日
国民と住民
e0130549_4291646.jpg基本的な考え方として、国家が国民という同質性によって政治的に統合される存在であることから、国政レベルでの選挙権と被選挙権が、政治的統合のための、国民にのみ与えられた権利であることは疑いがない。また国民が政治的意思決定に参画するという意味では、公務への就任権もまた国民にのみ与えられた権利である。

ところで永住外国人への地方自治での参政権を認めようとする人々は、この主体を「国民」ではなく「住民」と言い換える傾向がある。これは地域における連帯意識や愛着といった要素を強調しながら「国家の統治」と「地方の行政」との間に一線を描き出すことで、外国人の参政権について限定的かつ不拡大的な印象を与えようとするものである。

しかし地方分権が様々に議論されているとはいえ、今のところ我国の地方自治は、例えばアメリカの地方自治にみられるように、地方政府の構造と首長その他の役員選出の手続きを定めた自治憲章を地域に居住する人々が採択するという、ホーム・ルール制のごとき独立性を有しているわけではない。

我国の地方自治は、憲法の付与する一定の自治権を有する地方公共団体によって行われている。地方公共団体による自治は、その行政の具体的な内容については国会の関与すべきところではないものの、その構造と首長その他の役員選出の手続きについては国法に根拠を持っているために、国会の関与するところとなっている。

そのことから我国における参政権の議論では「国家の統治」と「地方の行政」の間に一線を描き出すことで、かたや国民としての問題、かたや住民としての問題といったような区別をつけることができず、ひとたび永住外国人への地方自治での参政権を認めるならば、その国政レベルへの拡大を不可とする理由はない。

また永住外国人の公務への就任についても、昭和28年3月25日の内閣法制局見解は「公権力の行使又は国家意思の形成への参画にたずさわる公務員となるためには、日本国籍を必要とする」として、これを「公務員に関する当然の法理」と述べている。

であるならば、地方公共団体の場合においても当然この法理は適用されるべきで、現に東京都の管理職選考試験の受験資格に日本国籍が必要であることについて在日韓国人が合憲性を争った事案で、東京地方裁判所は平成8年に、東京都の管理職が公権力の行使と公の意思形成に参画する性質のものであるとの見解を示している。

参政権の間接的な形が選挙権であるならば、直接的な形が公務への就任権である。そして我国の場合、地方自治の独立性が低いために、両者ともに国政レベルと地方自治レベルの間に明確な線引きを行うことはできない。参政権の議論で「国民」を「住民」と言い換えることは情緒的な偽装であって、我国の現実を反映しているわけではない。

self-governmentとして登場したイギリスの地方自治が、革命後のフランスでは国民主権との整合性から中央集権に道を譲り、ドイツでは分立する小国の自治権を否定するために国家による地方団体に委ねられる。我国の地方自治は戦前にドイツの、戦後にフランスの影響を受けている。写真のように竿灯を捧げ持つ人を私達が「秋田人」ではなく「日本人」と感じるのは、この地方自治の歴史体験も影響していると私は思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-07-23 04:35 | 憲法・政治哲学
2009年 07月 21日
ドイツ帝国の誕生
e0130549_16495318.jpgあるイタリアの民族主義団体のシンボルが赤熱して炎を発する黒い木炭であることに象徴されるように、十九世紀ヨーロッパの人々の胸中で最も熱く輝いた理想は民族独立運動である。それは他国の君主による言語の異なる民族に対する支配を、人間の権利を侵害するいかなる行為にも劣らぬ犯罪だと考え、そのような体制への革命を夢見ることであった。

その夢を実現したのは十九世紀も半ば、進歩の時代の開幕と共に理想主義者たちに代わって歴史の舞台に登場した現実主義者たちである。彼らこそが民族国家を成立させた真の担い手と言える。中でも一頭地を抜く存在が、イタリアのカミロ・デ・カブールと、ドイツのオットー・フォン・ビスマルクである。

ビスマルクは1815年にプロイセン王国の下級貴族の家に生まれる。背が高く、姿勢がよく、肩幅が広く、図抜けた体力と満々たる野心を持つ彼は「人道主義を振回す口先だけの連中」を軽蔑し、それに見合う慎重さと透徹した知性によって、地方官吏から下院議員、在外公使を歴任して着々とその地位を高めていく。

その頃のドイツは、フランスとロシアの二つの列強に挟まれた地域に在って、時として他国の君主を戴く三十九の小国から構成された連邦で、その実権を握っているのは二つの国家──新興で歴史の浅いホーヘンツォルレン家のプロイセン王国と、由緒正しく長い歴史を誇るハプスブルグ家のオーストリア帝国である。

1862年、プロイセンの首相に指名されたビスマルクは秘かに三つの目標を立てる。それは第一に連邦からオーストリアを追い出すこと、第二にプロイセンが連邦の実権を握ること、第三にベルリンをパリよりも高い地位に置くことである。そして言う「現今の問題を解決するのは多数決ではなく、血と鉄である」と。

彼は早速行動を始める。まず心中の敵と定めるオーストリアと同盟を結んで、デンマークが領有を主張する二つの公国を軍事占領すると、事前にオーストリアと約束した占領地の共同統治を無視して、軍港を始めとするインフラ建設を決定。緊張が高まったところで、今度はイタリアと同盟を結んでオーストリアに宣戦を布告。十八日後にオーストリア軍主力をケーニッヒグレーツの決戦で撃破して、オーストリアを連邦から追い出すと、1867年に北ドイツ連邦を結成してプロイセンを指導国とする。

次いで1870年、プロイセン王とフランス大使がスペインの王位継承問題で会見した時の電報を、あたかも両者が席上で互いに侮辱し合ったかのように改竄して新聞に発表。「これはガリアの雄牛に赤い布を振ったのと同じ効果がある」というビスマルクの言葉どおり、新興のプロイセンを抑えたいと望むフランスが宣戦を布告。二ヶ月後にフランス軍主力をセダンの決戦で撃破してナポレオン三世を監禁する。

そして1871年1月18日、太陽王ルイ十四世の愛したヴェルサイユ宮殿「鏡の間」に、ドイツ政官軍の代表者ら一千人余が居並び、プロイセン王ヴィルヘルム一世の初代ドイツ皇帝としての戴冠を内外に宣言。ここに史上初のドイツ民族による統一国家、ドイツ帝国が誕生する。日本では明治四年、廃藩置県の詔勅が公布される半年前のことである。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-07-21 17:24 | 第一次世界大戦
2009年 07月 15日
『大衆の反逆』(抄録)
e0130549_0191491.jpg大衆の反逆というこの歴史的現象に近づく最良の方法は、おそらく、我々の視覚的な経験に訴えて、我々の時代の肉眼で見ることのできる一つの相貌を強調することだろう。その事実は分析することに容易でないが、指摘するだけならきわめて簡単であり、私はそれを密集の事実、「充満」の事実と名づけている。

都市は人々で満ちている。家々は借家人で、ホテルは泊り客で、汽車は旅行客でいっぱいである。喫茶店は客で、街路は通行人で、有名な医者の待合室は患者であふれている。映画・演劇は出し物がひどく時期はずれでない限り観客で満員となり、海浜には海水浴客がうようよしている。⋯(これら)全ての事実は、大衆が社会の前面に進み出て、以前には少数者だけのものであった設備を占領し、利器を使用し、楽しみを享受しようと決断したことを示している。

例えば、彼らが占領した設備は規模がたいへん小さく、人々が絶えずあふれているところから見て、大衆を予測していなかったことは明らかであるし、人のあふれ方は、我々の目にはっきりと新しい事実を、つまり大衆が大衆であることをやめないままで少数者に代わって、その地位に就いていることを証明している。⋯

私は近年の政治的変革は、大衆による政治の支配以外の何ものでもないと信じている。かつてのデモクラシーは、自由主義と法に対する情熱という効き目のある薬のお蔭で穏やかに生き続けてきた。これらの原則を尊奉するにあたって、個人は自己のうちに厳格な規律を保持するように義務づけられていたのだ。

少数者は自由主義の原則と法の庇護のもとに活動し、生活を営むことができた。デモクラシーと法は合法的共存と同義語であった。ところが今日、我々は超デモクラシーの勝利に際会しているが、そこでは大衆が法を無視して直接的に行動し、物質的な圧力によって自分たちの希望や好みを社会に強制しているのである。

この新しい事態を、あたかも大衆が政治に飽き、その仕事を専門家に委せているかのように解釈するのは間違いである。事実はその反対である。政治を専門家に委せていたのは以前のことであり、それは自由主義デモクラシーのことである。

当時の大衆は、政治家という少数者には様々な欠点や欠陥があっても、こと政治問題に関しては、結局のところ彼らの方が自分たちよりは少しばかり良く分かるのだと考えていた。しかし現在の大衆はその反対に、自分たちには喫茶店の話から得た結論を社会に強制し、それに法的な効力を与える権利があると思っているのだ。

『大衆の反逆』/著:J・オルテガ/訳:桑野一博

ホセ=オルテガ=イ=ガセット(Jose Ortega y Gasset 1883-1955)スペインの哲学者、著述家、教育者。「人間の生は数学の教科書のように原理によって支配されることはなく、またされるべきではない。理性を守って生を滅ぼす合理主義も、生を守って理性を捨てる相対主義も、ともにあるべきことではない」との立場から、人間の生はこれを取り巻く環境と一体に考えられるべきであると主張する。そこから社会における慣習を重視し、これを断絶しようとする教条的な民主主義と、その結果としての全体主義を批判する。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-07-15 23:57 | 資料
2009年 07月 13日
投票のパラドックス
e0130549_0275398.jpg十八世紀フランスのコンドルセー侯爵は「ある選択肢が他の全ての選択肢と対決して、多数決で勝者となるならば、その選択肢こそ社会的に容認されるべき最良の選択肢である」と述べた。これはコンドルセーの条件と呼ばれるが、しかし同じ彼の研究がこの条件の容易に成立し難いことを明らかにしている。

例えばここにA氏、B氏、C氏の三名がいて、三つの選択肢について、彼らそれぞれが次のような選好順序を示しているとする。

A氏 うな重 > 親子丼 > ペヤングソース焼きそば
B氏 親子丼 > ペヤングソース焼きそば > うな重
C氏 ペヤングソース焼きそば > うな重 > 親子丼

まず、うな重と親子丼を三名の投票にかけてみる。すると二対一でうな重(うな重は親子丼よりも旨い)が選ばれる。次に、親子丼とペヤングソース焼きそばを三名の投票にかけてみると、二対一で親子丼(親子丼はペヤングソース焼きそばよりも旨い)が選ばれる。

この二回の投票結果を考えるならば「うな重はペヤングソース焼きそばよりも旨い」と結論されて良さそうである。だが念のために、うな重とペヤングソース焼きそばを三名の投票にかけてみると、二対一でペヤングソース焼きそば(ペヤングソース焼きそばはうな重よりも旨い)が選ばれてしまう。

ここから解るように、二者択一による多数決投票方式では投票にかける順序によって矛盾が生じ、構成員の選好を一意的に導き出すことができない。このような場合、常に「最後に比較されるものが勝者となる」のが鉄則である。政治のカードは最後に切る者が勝つ。

これは投票という具体的な行動だけではなく、公約を発表する順序、そのことで投票者の関心を推移させる順序にも応用することができるであろう。例えば自由民主党の立場からすれば、政権交代vs.景気対策──その勝者であるところの──政権交代vs.地方分権という順序で世論が争われるならば、衆議院選挙に勝利することができる。

A氏 政権交代 > 景気対策 > 地方分権
B氏 景気対策 > 地方分権 > 政権交代
C氏 地方分権 > 政権交代 > 景気対策

とはいえ都議選に大敗を喫した今日より以降の段階で地方分権のカードを切っても、さすがに真実味に欠けて効果がない。もはや逆転のタイミングは過ぎた。同じ敗れるなら都議選の前にカードを切るべきであった。ここに至っては東国原知事もゲームから降りるであろう。自由民主党は民主主義の素顔と、そこから導かれる政治技術を知らないのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-07-13 00:56 | 憲法・政治哲学
2009年 07月 07日
東国原知事と古賀選対委員長の会談
本日7月7日17時27分頃、宮崎県の東国原知事が古賀選対委員長との会談のため、自民党本部に入る。東国原知事は全国知事会がまとめた提言を、そのまま次期衆議院選のマニフェストに盛り込むよう、そして自身を総裁候補としての処遇で扱うよう求めているという。

これに対しマスコミは、世論が東国原知事の次期衆議院選出馬に反対しているから出馬すべきでないとか、我国の国政はそんなに軽いものであったのかなどとの批判を同日夕方のニュースで展開している。

しかし仮に古賀選対委員長が、東国原知事の総裁候補としての処遇要求は別としても、全国知事会の提言を党のマニフェストに大部分を取り入れる譲歩をするならば、次期衆議院選の争点は地方分権へと移り、鳩山民主党代表の政治資金問題とも相まって、自民党主導の選挙へと一気に風向きが変わる可能性がある。

全国知事会の提言については、国と地方の税源配分を5対5にしても、あるいは国の出先機関を縮小しても、中央官庁の権限が直接縮小するわけではない等の見方もあるようだが、問題はそういうことではない。

一般国民は、マニフェストの詳しい内容と、それが国と地方に及ぼす具体的な波及効果という情報を知るために自分が払わなければならないコストに比べて、獲得できる便益の見込みが低いときには、あえて情報を獲得しようとはせず、不完全な情報に甘んずるものである。

したがって重要なのは雰囲気と、その雰囲気を主導する力である。国民は同時に都民であり県民であり府民であり道民である。これら自らの生活する自治体の知事が押す提言を、さらに自民党候補者が押すのであれば、おのずと投票の結果は明らかではなかろうか。

とはいえ現時点では、東国原知事と古賀選対委員長の会談結果が不明なために何とも言えないのではあるが。

by hishikai | 2009-07-07 18:16 | 日常
2009年 07月 04日
『天皇論』(小林よしのり著)を読んで思ったこと
書店に入って歴史や思想の棚を探したが見つからず、申し訳ないと思いつつ忙しそうに立ち働く店員さんに尋ねたところ「こちらでございます」と案内していただいた新書の棚にこの本はあった。裏表紙をめくってみると二〇〇九年六月九日第一刷発行とある。

なるほど、これでは見つかるはずがない。小林よしのりという人の言論をぼんやりと知りながら、しかし一冊の著書も読んだことのない私は、彼の『天皇論』と題する本を数年前に発行されたものだとばかり思っていた。こういう思い込みは年寄りになった証拠だ。

『天皇論』の執筆が『戦争論』などよりも後になった事情は、あとがきに「一般庶民に混じって『天皇陛下万歳!』を唱和することに躊躇したり」する自身のメンタリティーを打破しなければ、天皇を語る資格はないと自重してきたからと述べられてある。

つまり小林よしのりとしては、まず戦後日本を取り巻く状況への不満とそれへの言論闘争があり、そういう薮の中をかき分けながら歩んできた先に、天皇陛下のご存在を発見したということであろう。

そしてこのような思想形成の順序は、今の若い保守層もまた同じで、小林よしのり自身昭和二十八年の生まれでありながら、その順序を共有する辺りに彼の支持される理由があるのではないかと想像される。

とはいえ本書は内容も行き届き、戦後日本への反論を願う読者への知識の供給を目的とする、いわば実用問答集として組み立てられ、散見される過激なジェスチャーは、あたかも受験生を鼓舞する塾の講師の熱心さである。

しかし一方でこのような思想形成の順序は、本書もまたそうであるように「天皇はなぜ必要か」という実利的な組み立てを必然としており、したがってその天皇論の是非は各要点を巡る論戦の勝敗にかかってくるという、むき出しの構造をしている。

これは現在の教育など諸状況から致し方のないことかもしれないが、私がこれについて思うのは、国民の天皇陛下への尊崇の念の源泉をまず一つ定め、そこから派生するものが何であるかという、価値の主従を持たせた組み立てができないだろうかということである。

そうでなければ中国の易姓革命という善政主義を否定し「人格は天皇即位の資格ではない」(p177)とする信仰としての立場と、一方で「天皇はなぜ必要か」という実利的な立場とが、一つの天皇観の中に並立する等価な思考として、あたかも波と防波堤のように衝突してしまう。

これについて私は信仰としての立場を主にすべきと考える。天皇のたかみくらは絶対無二の信仰を基礎とする。善政の有無やご人格の善し悪し、制度的必要性ではない。信仰に全ての端緒を求め、その流れの中で思考しなければ私たちの天皇を巡る歴史は永遠に「あれは善いが、これは悪い」という解釈の森をさまよい歩くだけであろう。

そうして民族の神としての天皇を発見しておいてから、その次に立憲君主としての天皇、法の支配に服する国制としての天皇を別個に考えるならば近代日本の天皇像は整序される。

この点で小林よしのりが、例えば神風連や二二六事件という不合理と、天皇機関説への肯定(p253)という合理とを、陛下がどちらを支持されているかとは別に、彼の天皇論の中でどのように折り合いをつけていくのか、不合理と合理、信仰と実利のいずれを重く見るのか、少なくとも本書を読む限りは不明で、今後に課題を残しているように思われた。

追記

むしろ本書の最大の価値は、天皇と国民主権との矛盾に言及し、見直すべきは国民主権の方である(p260)と明確に主張している点にある。

ブログランキング・にほんブログ村へ

by hishikai | 2009-07-04 11:48 | 憲法・政治哲学